2015年 08月 05日

スキンローションと水彩画の共通点

c0053177_112422.jpg

8/4/2015/火

 ポンプを押してもローションが出なくなったプラスチッ
クボトルの下方を切り取る。中に残っているローションを
古いクリームの容器に集めたら結構な量だった。ポンプを
押しても出なくなった時点でボトルを捨てる人も多いのだ
ろうなあ。白状すると私もそうだった。しかし、貧乏は人
を賢くする。どう考えてもローションが中に残っている可
能性大だ。それで始めたのがこのオペレーション大作戦。
最近はプラスチックボトルを切る腕も上達、素晴らしい職
人芸に成っている。製造側は最後まで内容物が出ないよう
緻密にポンプを調節しているのかもしれない。だとしたら
そんな策略に引っかかってたまるかと熱くなるシニアであ
る。熱しやすく冷めやすいシニアなのだよ。

 そんなシニアだが、それだけで一日過ごした訳ではない。
もちろん絵も描いた。今月の水彩画教室は海の風景がデモ
のテーマ。その題材探しが大変だった。少ない自分のライ
ブラリーから良い題材は無いかと探した。ようやく見つけ
たそれは、随分昔に撮ったラグナビーチの海。砕ける白い
波が良い感じ。それを元に水彩画描き手順ページを作った。
その為に写真を撮りながら描き進めるので大変だ。出来上
がったページをプリント、生徒達に送った。暑い中お年寄
りは水を飲み飲み頑張っている。こんなに頑張ったのだか
ら今夜はゆっくりさせてもらおう。それではおやすみなさ
い。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-08-05 11:26 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2015-08-06 09:57
わざわざ容器をはさみで切るなどと言う労力は私は致しません。そういう場合はポンプの部分を外して、容器を逆さ、あるいは斜めにして写真のような広口の入れ物に入れておけば中のものが自然に落ちてきます。例えば寝る前にそうしておけば翌朝にはきれいに広口の容器に移っているでしょう。本当の貧乏人は余分な大オペレーション作戦を省く賢さを身につけます。
Commented by shinia62 at 2015-08-06 11:47
ま〜さん、容器をはさみで切るのは大変でしょう。カッターナイフで切ります。凄く簡単にくれますよ。その後は切ったプラスチックボトルの底の部分を広口容器の上に斜めにおいて自然に流れ出るのを待ちます。残りのクリームはボトルの底に固まっていますから、これだと時間は余り掛かりません。15分程で綺麗に出てきます。本当の貧乏人なので余分な時間は掛からない様にしています。


<< 実験は成功?      しまった。忘れてた。 >>