ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 24日

新しいペット犬 その1

c0053177_8235773.jpg


7/23/15/木 

 2匹いたペット犬の一匹が癌で死んで以来、新
しい犬を引き取る考えだったN氏。あれから一年
以上が過ぎた。2週間前の土曜日、N氏と私がペ
ットショップへ行った際、その店の一角で犬の里
親探しキャンペーンをやっていた。簡単な金網の
囲いの中で小型犬ばかりが7匹程遊んでいた。大
人しく遊ぶ犬の中で唯一キャンキャンと吠えてい
る犬が居た。N氏はその犬に心を惹かれたらしく
「この犬良いなあ」と呟く。私にはピンと来なか
ったが、ペットとオーナーの関係は初見のフイリ
ーングが大切だ。その犬はパピオン犬の血筋らし
く大きな羽のような耳が愛らしい。其の日はそれ
だけで店を出た。

 次の土曜日、彼の家へ行った。サンゲーブル市
の展覧会が終わり作品を引き上げに行った帰りだ
った。しかし彼は留守だった。予定より早く来た
のでどこかに行っているのだろう。家の裏側に回
りピクニックテーブルに座るとネットで遊んだ。
やがて帰って来た彼はあのパピオン犬と一緒だっ
た。大人しい犬だが知らない人間の中でびくびく
していた。それでも何時間か経つうちそれまで逃
げ回っていた犬はそれをしなく成った。

 この犬の里親探しをしているグループはちょっ
とハイソなグループらしい。私のような庶民が行
くその辺のシェルターとは違うようだ。シェルタ
ーなら60ドルくらいで捨て猫や犬を引き取れる
が、このグループには◯◯◯ドルも払ったとかで
驚く。犬の事より値段が気になるシニアであった。

(続く)

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-07-24 08:28 | シニアの時間 | Comments(0)


<< 新しいペット犬 その2      教室の日であった >>