2015年 07月 18日

不審な男はお互い様

7/17/15/金

 何時も散歩道で会うオレンジ色の猫。今朝もやって来る
かなと思いながらその家の近くまで来た。すると早朝に人
の姿が全く無いその家の前に不審な男が居た。この家の住
人だと思う。不審な男と書いたのは何かの用事で外に出た
にしては何もしていない。しかも彼が立つ場所はキャンピ
ングカーと塀の間。何も無いスペースだ。まるで私の様子
を伺っていように。その場所はオレンジ猫が良く寝ている
場所だ。

 「おはよう」と明るく挨拶しながら彼の前を通り過ぎる。
男はにこりともしない、勿論挨拶も返って来ない。キャン
ピングカーの反対側にオレンジ猫が居た。しかし何時もの
様にニャオーとやって来る事も無い。不振な男に気を使っ
ているのか。男にとっては私が不審な男だ。時々猫と遊ん
でいるのを家の中から見ていたのかもしれない。手なずけ
て猫を盗む積もりかと警戒しているのだろうか。誓って言
うが、私から猫に近づいた事は無い。向こうからやって来
た時に相手をしただけだ。かなり暗そうな男だったので変
に絡んでは危ないかも。そんなに気になる猫なら外で飼う
のは止めたら良いのにとシニアは思う。明日からはあの家
の前を歩くのは避けよう。道路の反対側に移動だ。

 犯罪ドキュメンタリービデオにはまっているシニアは、
何を見ても犯罪の臭いがして困る。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]

by shinia62 | 2015-07-18 11:01 | シニアの時間 | Comments(0)


<< 雨が      2日分の日記 >>