2015年 07月 01日

なんやこれは

c0053177_971258.jpg

6/30/15/火

 玄米は時間が掛かるので朝一番に仕込む。炊きあがり時
間は午前11時にセット。これで良しと気合いを入れて仕
事を始めた。今のところ小サイズの水彩画をどんどん描い
ている。日本の展覧会用だ。小さい作品は苦手だったけれ
ど、沢山描いているので最近慣れて来た。継続は力なり。
正に其の通り。なんて、それほど大袈裟なものではないか。
とにかく枚数だけは充分作品は揃った。次は中型サイズを
描き始める。こちらは出品作8点を用意する。以前に描い
たものもあるしそれほど難しい事ではない。それでも最高
の作品を描きたいと言う欲があるので、結局終わりは無く
永遠に描き続ける。なにしろ最高の作品とは次に描く作品
なのだから。

 一生懸命働いた後の食事は美味いぞとひとり言を呟きな
がら台所へ行く。11時を少々回っている。今頃炊飯器は
保温モードに切り替わっている筈。と思いながら炊飯器を
見る。ところがだ、クックボタンも保温ボタンも点いてい
ない。そう言えばご飯が出来ると「おほしさまぴかり、ぴ
かぴかひかり〜♪」と唄い出す炊飯器なのだが、何も聞こ
えなかった。そうなのだ。クックボタンを押すのを忘れて
いた。と言う事はこれからまた1時間以上待たなくてはい
けない。目の前が真っ暗。

 取り敢えずお茶とクッキーで空腹を紛らすシニアであっ
た。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-07-01 09:43 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by genova1991 at 2015-07-01 12:58
これって全身の力が抜けるほどの衝撃ですよね。
同情申し上げます。経験者よりw
Commented by Marrrsan at 2015-07-01 22:56
genovaさんと同上。
そしてさむさんに同情。
Commented at 2015-07-02 04:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinia62 at 2015-07-02 04:30
そしてま〜さんには座布団一枚です。ドウジョ。


<< 流れに乗れ、逆らうな      Somewhere Street >>