2015年 06月 27日

靴と住まいの関係

c0053177_1239215.jpg

6/26/15/金

 23年間住んだこの家で今更と言う気もするが外から帰
ったら入り口で靴を脱ぐ習慣をつけようと思い立った。家
の中はカーペットなので(今はもうカーペットと呼べない
状態だが)その方が汚れないし掃除が楽だろうと言う訳だ。
日本の様に玄関と呼ばれるスペースが無い。なのでどの辺
りで靴を脱ぐのかが問題だ。ドアの外で取るのはおかしい。
隣の人に見られたら何をやっているのかと怪しまれそうだ。
部屋に一歩入ったところで靴を取る。その場合靴を置く場
所が必要。靴箱を置くのは場所を取り過ぎるので、取り敢
えず古新聞を敷きそこに靴を並べる。普段よく履くものが
二足程あれば良い。一週間前からそれを実行したのだけれ
ど、どうも身体の方がそのように動いてくれない。気が付
けば靴を履いたままクローゼットまで来てしまう。アメリ
カへ来てから40年以上の間身に付いた習慣だから簡単に
は変わらない。今のところ家の中まで靴のまま入り気が付
いて入り口に戻ると靴を脱ぐ。このような状態が続いてい
る。そのうち慣れて靴を取るのが自然に成るまでこんな動
きを続ける事に成る。アジア系の人が住む家では結構そん
な習慣があるようで、ドアの前に靴が転がっていたりする
のが微笑ましい。


↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-27 13:04 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2015-06-27 20:28
日記の2行目に書いてあるように、靴は「取る」ではなく、
「脱ぐ」と言う動詞を使います。40年以上アメリカにいるので日本語が怪しくなりますが、気を付けましょう。
シャワーも「とる」ではなく「浴びる」です、念のため。
Commented by shinia62 at 2015-06-28 00:18
ま〜さん、御意!


<< 子供の使い      映画の日 >>