2015年 06月 21日

返信を期待しない手紙

c0053177_13354532.jpg


 6/20/15/土

返事を全く期待しない手紙を出した。なので仮に返事が来たら
嬉しさが倍に成るちょっと面白い手紙。其の始まりはこんな事だ。
ある事が切っ掛けで古い手紙を読み始めた。私の直ぐ上の姉か
ら来た手紙だ。以前は良く手紙を交換していたのだがある時期
から返事が来なく成った。それだけではない、電話にも出ない。
噂では元気にやっているらしいのだが。

一昨年日本へ行ったとき電話をした。やはり返事無し。一緒に
行った友人が「それならよ予告無しに直接家へ行ったら」と言う。
突然家に行ったら失礼かと遠慮していたのだが、自分の姉だし
電話に出ないのだからそうするしかない。そして彼女の家へ予
告無しで行きドアをノックしたら、ドアを開けた彼女は「あ〜ら懐
かしい、日本へ来ていたの」と歓迎ムード。何がなんだか解らな
く成る私だった。昨年日本へ行ったとき電話したらやはり電話に
出ない。さすがに面倒くさくて彼女に会うのは止めた。

しかし、今年は予期せぬことが起きた。古い手紙を読み出した
のはそれが引き金と成った。そして久し振りに手紙を書く気にな
った。こんな状況下だ返事が来るだろうかとの期待で。極ありふ
れた普通の家族だと思っていた我が家族、もしかしてかなりお
かしな家族なのではないだろうか。

そんな事を考えた暑い土曜日の夜だった。

↓アイコンをクリック、人気投票にご協力ください。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-06-21 14:19 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by madame-julian at 2015-06-21 17:58
お手紙!出せる人!が居る!だけでも、お幸せ!ですよ~。
Commented by shinia62 at 2015-06-21 22:36
ジュリアンさん、はい、私は幸せ者です。


<< どんでん返しは嬉しいような怖いような      無視できない虫 >>