ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 03日

「勘違い」イラストはそれに気が付く前の物で強気。

c0053177_91531100.jpg
 自分では落ち着いた大人だと思っているが、時々オッチョコチョイな事をする。つまり私はオッチョコチョイ。
 今日もやった。昨日届いた長距離電話会社の請求書、それに覚えの無い通話料金が幾つか請求されていた。金額は微々たる物だが、騙されると言う気持ちが嫌なのだ。憤慨して今朝電話した。

 何と係の者と繋がるまで1時間以上待った。その間に絵を描く準備を整え、トイレで朝の快便を済ませ、ブログ用のイラスト描いて、小さな絵を何枚か描いて、お茶を沸かして一服する。それらを全部片手でこなしたので。身障者はこんな気分かと思った。

 電話に出た男に
「覚えの無い通話料金を請求するとは何事だ」
 と一括する。
「覚えが無いのですか」
 相手の反応が弱々しくて、私の勢いが削がれる。男はそんな事より新しいサービスの売り込みに忙しい。
「イマージンシープランが新しく、、、、」
 とか言っている。それに「ノー」と言えば、それではと次のプランの売り込みだ。私は「ノー」と言い続けるのに疲れ、
「私が電話しているのはこの覚えの無い請求をどうするのかと言う事です」
 と叫ぶ。
「解りました。その分は差し引きましょう」
 とその件はあっさり解決した。

 電話を切ってもう一度請求書を確認する。「イリノイ州に電話するはず無いのに」とひとり言を言った時、ある事を思い出した。ファックスで材料を注文した事があった。初めての会社だった。カタログで注文したのだ。会社の所在地は知らない。中西部の何処かだろう。そこまで考えて、そのカタログを引っ張りだした。会社の所在地はシカゴ、イリノイ州であった。私の勘違い。テヘ、、、。

 以前に何度か勘違いで文句を言った事が有る。マーケットで買った物が袋に入っていなかったと文句を付け、その商品を貰って家へ帰ったら、実は冷蔵庫の奥に入れて忘れていたとか。

 私の勘違いは、何時もこちらが儲けるので良いのだけれど。(良くないと声が聞こえそう)

 話しは変わって、「カリビアンの海賊」プロダクションから電話が来た。
「あなたはMerchant役に決まりました」
 と電話の向こうで若い女性の声が言う。ところがだ、その後がいけない。撮影は9月2日から一週間だと言うのだ。私は9月5日から一週間ヨセミテで絵を教える仕事が有る。1年を通して大きな予定はこれだけと言うのに、見事にその日を選んでくれた。その事を話すと即首に成った。所要時間30秒の夢がはじける瞬間だった。

 とほほ、、、Win some lose some.
[PR]

by shinia62 | 2005-08-03 09:15 | Comments(2)
Commented by genova1991 at 2005-08-03 17:33
カリビアンパイレーツ、残念でしたね、、、
私もガッカリです。
どうしてよりによって同じ日にぶつかるのでしょうか?
Commented by shinia62 at 2005-08-03 23:13
genova1991さん
一見残念に見える出来事は、未来の幸運の準備かもしれません。
by Sam (笑)


<< すいか      もぐら >>