2015年 03月 21日

焦るシニアは惚けない

c0053177_12542189.jpg


3/20/15/金

 郵便受けを見たら
家賃の小切手を送った封書が返還されていた。
「アドレスに不備が有り配達出来ませんでした」
と張り紙が有る。
そんな筈はない昨年の12月から
この住所に毎月送り届いている。
住所はプリントしたステッカーを貼っているので
書き間違いはない。
なのでこの言い訳は通らない。

 慌てて大家に電話して事情を話す。
家賃の支払日は毎月15日。
余裕を持って13日に送っていた。
今日は20日、支払い日から5日間も遅れている。
何故遅れをそれほど心配するのか。
それには訳がある。
新しい大家の契約書には
支払日を3日以上過ぎたら支払い遅れで45ドルの罰金。
そんな項目が有った。
他人の間違いで罰金を払わされてはたまらない。
なのでシニアは焦っている。

 即、郵便局へ走った。
「今まで問題なかった住所が
なぜ突然不備の有る住所に成るんだ」
と詰め寄るシニア。
それには答えず
「もう一度其の住所に送りますか?」
とゆっくり口調で訊き返す大柄なアフリカ系おばさん。
多いに焦っているシニア
それに対するスローモーなおばさん。
このシーンは結構笑えるかも。
これって漫才か。
怒る気にも慣れず、
「もう一度送ってくれ」
とお願いする。
また届かなかったらどうするか。
其のとき心配するさ。
大家に再度電話、もう一度送った事を報告した。
これ程気を使っても罰金を取られるのならもうお手上げ。
来月の家賃は直接届けるか
集金に来てもらおう。

 アメリカは素晴らしい国だ。
シニアの健康を常に気にしてくれている。
こんなに焦らされたら惚ける暇などない。
Thank you.

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-03-21 12:55 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by Marrrsan at 2015-03-22 09:22
さらに罰金を取られたら、絶対に忘れないでしょう。そこまでしてくれたらアメリカは素晴らしい!、、、、かな?
Commented by shinia62 at 2015-03-22 09:25
ま〜さん、と言う事は憎しみもぼけ防止に成る。
Commented by genova1991 at 2015-03-22 17:52
こういうことがあると、日本のような銀行引き落としや振込の方が楽ですね。
不具合があっても連絡に5日もかからないような←もっとかかったりしてorz
Commented by shinia62 at 2015-03-22 21:56
genovaさん、次から自分で届けたい気分です。それか集金に来てもらう。


<< 鯉ショーと並んで作品展みたいな事を      お絵描きの時間です >>