ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 02日

ユポ paper, 朝食、フレンチトースト

c0053177_6592071.jpg


3/1/15/日

 昨日の日記の新しい種類の水彩画紙は
ユポ・ペーパーと言うものらしい。
呼び名がどうであろうと私は納得しない。
これで水彩画を描くのは邪道だ。
しかし、遊びとしては面白い。
消して何度も使えると言う事なので
その辺りは貧乏人の血が騒ぐ。

 それはそれとして、
今朝はJ氏と朝食だった。
昨夜はかなり激しい雨だった。
それでも朝にはすっかり晴れて良い気持ち。
嵐の後のドラマチックな雲も嬉しい。
絵に描きたいと思う。
だけど何度も描いているのでもう良いと思う。

 天気は良いけれど風が冷たい。
日陰に居ると風が肌を刺すようだ。
と言うのは少々大袈裟かな。
このフレーズを書きたかっただけである。

 店の中はほかほかに暖かくて幸せ気分。
トイレから帰って来るとコーヒーが湯気を立てている。
席に座ると「ハムを付けますか」
とウエートレス。
「はいお願いします」
これで注文は終わる。
J氏はフレンチトーストだ。
「何時もの様に余分の皿をお願いします」
とJ氏。
余分の皿を注文するのには理由がある。
それを使ってフレンチトースト一枚を私にくれる。
お返しに私のハムのお裾分け。
これでメインコースとデザートが揃う。
何時も通りの完璧な朝食だ。

 その後はお喋り。
不穏な空気が世界的に漂う事を憂う。
ISISがどうの、弱いアメリカがどうの。
しかし私の心配事は今日の昼食は何にするかだ。
炊飯器をセットするのを忘れていたし。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-03-02 07:00 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2015-03-02 09:19
ユポ紙(ユポペーパー?)と言うのは日本製の紙の様で水に濡れても破れないという特性があるらしいですね。この紙の事でしょうか?これは水彩画用の紙ではないので違うものでしょうか?このユポ紙は屋外広告などの水に濡れても大丈夫なものに使われたりするようですが。
Commented by shinia62 at 2015-03-02 11:23
ま〜さん、其の紙の事だと思います。水彩画にも使えると言う事なのかも。私はあまり興味が無いですが、水彩画の世界では知れているらしい。


<< レントゲンそしてノース・ハリウッド、      実験、新しい紙 >>