ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 28日

カイザー、採血、注射針、トラウマ

c0053177_11141438.jpg

2/27/15/金

 カイザー病院へ行った。半年に一度の健康診断。今回はコレステ
ロール値と血糖値を調べる。他に悪いところも無いので診断は直ぐ
終わった。40分も待たされて5分の診断。予約が無かったら何時
間も待たせれそうだ。なので、待たされても予約はした方が良いで
しょう。

 一階のラボで採血する。何時もながら長い待ち列。ようやく私の
番が来た。部屋へ入り指定された席に着く。50代と思われるおば
さんが「どちらの腕がいいですか」と訊く。「左でお願いします」
と私。シャツを腕まくり台の上に乗せる。おばさんはゴムバンドで
上腕部を締める。見慣れたシーン。「はい、拳を作って」と言いな
がら私の腕の血管を探している。昔の怖い経験が蘇り少々不安。と
は言え私に出来る事は信じる事。信じる者は救われる。

 腕をぴしぴし叩いたり、こちらへひっくり返したり、あちらへひ
っくり返したり。結局血管が見つからないらしい。「右腕をやって
みましょう」と言う。右の袖を腕まくり。同じシーンを繰り返す。
血管を決めていよいよ注射の針が。痛い,針が血管に入ったのか。ち
らっと見たら入ってない。
おばさんは針の向きをあちこち変える。恐ろしい経験のフラッシュ
バックは良いけれど、恐ろしい経験の繰り返しは困る。針をどの方
向へ向けても血管に足してない。皮膚の中でそれをやるのだから凄
い。私がMだったら今頃凄い快楽を経験している頃だ。おばさんは
諦めたらしく誰かの名を呼ぶ。そうか、もっと上手な人に変わるの
か。

 今度はおばさんより少し若そうな黒人のお兄さんだ。私の腕をあ
ちらへひっくり返しこちらへ戻す。「ほらこの血管が良いよ」とお
ばさんに助言。今度は上手く行きそうだ。ところがそれも駄目だっ
た。「よし、私がやるよ」と頼もしいお兄さん。が、悪夢は続く。
失敗する度場所を変えるので私の腕は穴だらけ。


 黒人のお兄さんは手の甲の血管を探し始めた。このシーン、私のト
ラウマと成ったあの時と同じ。普通の注射針では出来なくてバタフラ
イ注射針。この針は普通より細いらしい。ようやくそれで血液がパイ
プの中へ流れ出た。今回は二種類の検査なのでビーカー二本分採る。
が、二本目の採血に成った時血液の流れが止まった。ビーカーのそこ
に少しだけ入った血液を見て「血糖値を調べるのはこれだけ有れば良
いでしょう」と宣った。

 殆どの場合問題なく採血出来るのにどうしてこんなことが起こるの
か。今日の2人は新人の見習いだったのか。
「腕が穴だらけだよ」と私がぼやく。そしたら黒人のお兄さん言いま
したね。「今日は水をあまり飲まないようにしてください」だと。採
血は下手だったけれど冗句は上手かった。やれやれ、、、。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-02-28 11:17 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by takeshi_kanazaw at 2015-02-28 16:51
私も血管が出なくて、採血には何時も時間が掛かる。
最近は自分から看護師さんに、「この辺が採りやすい」と助言?しています。
絵の方は毎日更新される絵をジーと見てます。
静物などのバックが実に上手い(先生なのに失礼でした)
どうも法則があるのか、感性なのかよく判らない・・・。
Commented by genova1991 at 2015-02-28 18:48
災難でしたね。娘もひどい目にあってトラウマになり、採血ができなくなったことがありました。次に上手な方に当たりひと安心。こちらは同じ腕なのに、どうしてあんなに違うのでしょうね。上手な方だと気づかない内に終わって、紫にもなりません。下手っぴだと3日位紫色が消えません。下手な人はちゃんと勉強してほしいです。こちらはいい迷惑です。
Commented by shinia62 at 2015-03-01 03:04
Takeshiさん、実は私も血管出易いところを自分で把握し教えていた時が有ります。最近は上手い人に当たっていたので油断してました。/絵は理論でなく身体で描く、ですね。上達の秘訣は沢山描く。
Commented by shinia62 at 2015-03-01 03:08
genovaさん、その日の身体の状態で血管が出難い事が有るのかなと思ったりします。上手い人だと私が見ても見えない血管を確実に捉え採血しますね。


<< 実験、新しい紙      水彩画、サイン、プリペイドサービス。 >>