2015年 01月 17日

電球買いに

c0053177_12333734.jpg


 フロントポーチの電球が切れた。
夜、家の前が暗いのは嫌なので買いに行った。
最近は昔のような電球が見つからない。
渦巻き状の蚊取り線香型電球が殆どだ。
値段も高い。
箱には寿命が9年と書かれて居る。
それが本当なら今日買う電球が人生最後の物に成るかも。

 以前買ったこの手の電球が有る。
これは青白い光で好きではない。
それにスイッチを入れてから明るく成るまで時間が掛かる。
街頭で良く見る水銀灯みたいだ。
寒々とした発色がなかなか明るく成らない。
気分が落ち込みそうな電球だ。

 店員にしつこくそうでない事を確かめる。
家へ帰ると即テスト。
三個入りの箱だった。
三個とも良い感じの色だ。
満足。
1つが9年使えると成れば
3つで27年は大丈夫である。
それまで長生きして元を取らねば。
私は98歳になる。
先の事は解らないけどちょっと無理かな。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2015-01-17 13:03 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by genova1991 at 2015-01-17 13:58
お気に召さない色の電球(おそらく蛍光灯?)は外側に色を塗ればいいのでは?と思ったり←素人考え

日本も白熱球はすっかり姿を消して、LEDばかりになりました。高いけれど長持ちするから取り替えの手間要らずだそうです(^_^;)
さむさんも元が取れるように、98歳まで長生きしてください!!
Commented by shinia62 at 2015-01-17 22:31
genovaさん、蛍光灯色のは明るく成るまで時間が掛かるのが嫌ですね。スイッチを入れた時は薄暗くだんだん明るく成る。あの灯りにこの先9年間悩む?かと言って捨てる勇気無し。


<< Ben      水彩画教室にて >>