ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 29日

有るビデオを視て感じたこと、、、、

c0053177_1325488.jpg

 感謝祭が終わり静かな日常が戻った。と書いたけれど家族の居ない
私は感謝祭当日も静かな日々なのだ。祝日に一人でも全く気にならな
い自分に感謝。それどころか一人を楽しめるシニアである。と負け惜
しみを言っていたら感謝祭の夕食に招待された。親戚一同の中に東洋
人が1人。かなり浮いた存在。それも気にならない。芸術家は(都合
の良い時に芸術家かに成る)何処か変わっているのが世間一般の考え。
だから浮いている私は芸術家しているねえって事になる。回りにどう
思われているかが気にならなくなればこちらの勝ち。その点私は紛う
事ない勝ち組。

 夜、ネットで有るビデオドキュメンタリーを視た。サンタクロース
に成る事を決心する中年男。ひょんな事から今は亡い父親がサンタク
ロースをやっていた事を知りやってみたく成る。体格、顔、長い髭と
外見的には成れそうだ。ただ40代の男の髭は真っ黒だ。美容院でそ
れを漂白する。驚く程真っ白な髭に成った男は正にサンタクロースだ
った。クリスマス時のショッピングセンターでサンタクロースをやる
男達にも髭を漂白しているのが居るのだろうなあと合点が行く。お男
はサンタクローススーツを作り、サンタクロース学校で基本を学ぶ。
あちこちの慰問やクリスマスパレードの仕事をする。他にも沢山のサ
ンタクロースが出演するがこの男が一番それらしかった。何を基準に
そう思うのか知らないが、そう思ったシニアである。何とも心温まる
ビデオであった。

 私はクリスマスには全く縁の無い子供時代を過ごしたが、クリスマ
スソングやクリスマスストーリが好きだった。いや、今でも好きだ。
こんな幸せなクリスマスを過ごしている家族が居るんだなあと思うと
嬉しくなるのだ。幸せな人たちを想像する事で幸せに成れるシニアで
ある。訳もなくクリスマスに夢を感じるシニアなのだ。


↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-11-29 13:03 | シニアの時間 | Comments(0)


<< 寿司ならこちらへどうぞ      朝 >>