2014年 09月 10日

ロサンゼルスは暑い

c0053177_1153528.jpg


 オーデションが来た。プリントだ。プリントとは雑誌とかカタログなどの宣伝用モデルの仕事だ。この仕事は外見だけが勝負なので今まで仕事取った事無し。給料はCMよりうんと安いので欲しくないもんね、と負け惜しみを言ったりしている。いえいえ、シニアは仕事を選ばない。どんな安い仕事も精一杯やらせてもらう。ただ仕事が取れないだけ。オーデションが来たら出来るだけ出席するよう心がけている。プリントのオーデションは簡単だ。番号札を胸にかざして写真を撮るだけ。犯罪者のマグショットみたいなもの。それとビデオに向かって幾つかの質問に答える。なのでオーデションは直ぐ終わった。

 ヨセミテから帰って以来、ネットの接続が悪い。それだけではないiPadでWi-Fiが繋がらなくなった。それで何時ものヘルプラインに電話した。今回は其のやり方をメモして問題が起きたら自分で直せるようにした。何時もは直ったら大喜びでどうして直したか覚えていないシニアだった。

 今日は絵を少し描きたかったのだけれど、ヨセミテのデモ作品に手を加えただけで1日が終わった。明日は教室が有るので其の準備もしなくては成らない。忙しいシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-09-10 11:06 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Coconut at 2014-09-10 20:49 x
オーディションのお話、全然知らない世界の事なので、今日のお話も「へー」という感じで読みました。 プリントの仕事は、なんか永遠に一目にさらされそうで、私だったら怖くて出来なさそうです。素敵なCMだったら良いけど、そうでなかったら「あ、あの人」となりそうで(苦笑)。
Commented by shinia62 at 2014-09-10 20:56
coconutさん、プリントの仕事は一度もよった事が無いので、どんな感じで仕事をするのか私も解りません。カメラの前でいろいろポーズさせられるんでしょうね。仕事なので面白いかなんて贅沢は言いませんけどね。何事も経験。


<< 水彩画教室と刺身ディナー      知らなんだ。 >>