2014年 08月 26日

展覧会終了とオーデション

c0053177_1121671.jpg

 朝から忙しい気分のシニアであった。SBWS作品展が終わり、午前中に作品を引き上げに行った。一週間程前、様子を見に会場へ行ったら作品が3点程売れていた。あれから少しは売れたのだろうか。このような作品展は絵を展示する事に意義が有るらしく、売る事に力が入っていないように見える。私は絵を売る事で生活を成り立たせて来たので、作品を見せるだけでは不満足。作品は売れてなんぼの物だ。見てもらうだけで満足するなんてマスターベーションしている感じ。おっと失礼、dirty Old manの戯言をお許しくだされ。私が作品展の主催者なら「いらっしゃい、見てらっしゃい、大安売りだよ、一点買ったらもう一点がただ。今がチャンスだよ」なんてマクドナルドみたいな宣伝するのだけれど。そうかと言って責任者には成りたくない優柔不断なシニアである。

 作品を引き上げ家に帰ると直ぐ着替えた。午後からオーデションが有る。何十年も続いているテレビメロドラマのちょい役オーデションなのだ。何時もの用に早めに会場へ行く。知った顔が沢山いる。今日は日本人おじいさん役なので日本人や日系人シニアが集まっている。競争率は100倍?それほどでも無いか。これで受かったら軌跡に近い。しかしこの商売一寸先は闇。そして奇跡だって起こる。台詞は英語で書かれた物を自分で日本語に訳す。なので俳優によって多少異なる日本語訳となる。それぞれがどんな訳をしているのか見たい気もする。大恥をかかずにオーデションを終えた。一応満足の結果である。オーデションに受かってこのメロドラマのレギュラーになったら北海道の故郷へ錦を飾ろう。もっとも受からなくても毎年北海道へ行っているシニアであるが。


↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-08-26 11:05 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2014-08-26 13:09 x
ここでの優柔不断の使い方が間違っているような感じがします。
優柔不断とは「なかなかもの物事を決められない」という事です。
日記の内容からは「口は出すが手は出さないシニアである。」の方が正解だと思います。
Commented by shinia62 at 2014-08-26 21:07
ま〜さん、こうしてシニアは大人に成ります。Gracias!


<< 買い物      何となくメランコリーに >>