2014年 08月 24日

音読

c0053177_4164112.jpg


 小説「Double Tap」完読! 今まで読んだ小説の中でもっともページ数が多い716ページの大ドラマであった。と言うのは少々違う。ページ数は多いけれどシニア用書籍とか言うもので、プリントされている文字が普通よりうんと大きい。普通の活字サイズにしたら精々500ページ程度かと思う。それはそれとして、この小説の後半は裁判所のシーンが続く。検察側弁護士と被告側弁護士の攻防戦が詳細に書かれて居る。まるで自分がその場に居るような臨床感だ。同時に弁護士の力で有罪に成ったり無罪に成ったりの現実が恐ろしい。

 音読は日本語も同時にやっている。そちらの方はただいま林真理子のエッセー「どこかへ行きたい」を読んでいる。日本語の滑舌の練習だ。オーデションで日本語の台詞も有ったりするので其の為の練習だ。これぞ正しく趣味と実益を兼ねたシニアの時間だ。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-08-24 04:41 | シニアの時間 | Comments(3)
Commented by madame-julian at 2014-08-24 07:39
いつもながら、勉強家!参考!にしています。
{大阪のおばちゃん!の、オーディション!の、オファー!待っています。}アハハハーー。
Commented by shinia62 at 2014-08-24 10:58
ジュリアンさん、幾つになっても勉強です。ジュリアンさんには主役のオファーが来るのを待っています。
Commented by madame-julian at 2014-08-25 18:47
アハハハーー、ありがと~。


<< 食べたあ〜〜〜〜      買い物袋 >>