2014年 08月 08日

裁判所

c0053177_1111294.jpg


 朝早くN氏を裁判所まで連れて行った。罪を犯した訳ではない。裁判所から出頭命令が来たのだ。だったら、やはり罪を犯したのか。昨夜彼から電話が有って「明日早朝裁判所へ出頭しなくては成らない」と言う。テレビを見ながらうとうとしていた私は「なんで〜」と間抜けな反応。「出頭命令の知らせが来た」と彼。私は「なんで〜」と間抜けな反応を繰り返す。良く良く訊けば、陪審員義務の知らせが来て裁判所まで行かなくては成らないそうだ。場所はロサンゼルスのダウンタウン。私も其の辺りの裁判所へ陪審員の面接に行った事が有るが、市から指定される駐車場が何ブロックも離れているし、丘の昇り降りに成るのでシニアにはかなり辛い。なので送ってあげよかと申し出た。最初は遠慮していたけれど、何時も世話になっているのでお返しの良い機会である。本当は退屈しているだけのシニアかもしれない。

 てな訳で裁判所まで行ったのであった。と言っても私は彼を入り口で下ろし、そのまま小東京で時間つぶしに精を出した。いざと言う時の為に現在読んでいる小説を持って行った。この陪審員の面接はだらだらと時間が掛かるので午前中は丸潰れだろうと予想していたが、意外と早く彼から終わったとの電話が入る。次いでなので小東京の瀬戸物とお土産の店「羅府物産」へ彼を連れて行く。買いたいものが有るのだそうだ。奇麗な小鉢や、色とりどりの丼や皿、箸までばんばん買う彼。それを尻目に3ドル50セントの茶漉しを一個買う倹約家の画家であった。柄の付いたこの茶漉しを探していたんだよね。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-08-08 11:48 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Coconut at 2014-08-09 21:31 x
N氏、さむさんの様なお友達がいて幸せですね。さむさんとN氏の様に困ったときはお互い様、という友達がそのうちできたら良いなぁと思います。

陪審員の面接、早く終わって良かったですね。
Commented by shinia62 at 2014-08-10 01:22
Coconutさん、お互い助け合える友達が居るのは良い事ですね。そんな友達が少なくなるのも現実です。/陪審員の面接って時間が掛かるので大変ですよね。全部がただ待っている時間なんですが。こっちの都合は全く考えないですもんね。


<< 新作の撮影      教室そしてデモの日 >>