2014年 07月 26日

新事実を発見

c0053177_11323195.jpg


 今週の水曜日、知人がフィニックス・アリゾナへ出掛けた。親戚に会う為の旅行だ。そちらには一週間弱の滞在とのことである。「向こうへ着いたら電話するよ」と言う。しかしその日に電話は来なかった。用事が有った訳ではないのでやり過ごした。

 次の日、木曜日の夜だった。携帯のランプが点滅していた。電池が切れかけているのかと思いチェックした。電池は大丈夫だ。テキストメッセージも無い。しかし過去二回応答していない受信電話の記録が有る。何時も側に有る携帯なので、電話が鳴れば直ぐ解る。そこまで考えた時、有る事に気が付いた。火曜日の午後、映画を見に行った時、呼び鈴設定をサイレントにした。それを元に戻した記憶が無い。セッテングを見るとサイレントのままだった。大失敗である。しかしベルが鳴らなかったのは私のミスとして、受信時に携帯が振動する事も無かったな。

 実は携帯の設定について大きな勘違いをしていた。呼び鈴設定をサイレントに切り替えると携帯の受信信号が自動的に振動に切り替わると思っていたのだ。今回の事で設定欄を良く見ると、サイレントの他に会議設定と言うのが有り、其の下に小さな文字でヴァイブレートオンリーと書かれている。呼び鈴ではなく振動して欲しい時は会議設定を選べば良いのだ。

 今回の小さな出来事で、携帯設定について学んだシニアであった。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-07-26 11:33 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2014-07-26 16:20 x
新事実を発見と言うか、知らなかっただけですね。
まだまだ知らない機能がたくさんあると思います。携帯の説明書を
音読するのもグッドアイデアかも。英語の勉強と携帯の勉強の一石二鳥。
Commented by shinia62 at 2014-07-27 02:13
ま〜さん、携帯の機能についてはその点で不便を感じるまで調べる事もしないですね。いっぺんに説明書を読んでも忘れるばかりだし。気長に学びます。


<< 課題      音楽の時間 >>