2014年 06月 25日

ハイソとローソ

c0053177_9223878.jpg


 年一回のSBWS作品展の搬入日が昨日だった。随分前にメンバーに成ったのだが、私のスケージュールが会わなくて1度も出品した事がないし、作品展を見に行った事も無い。メンバーに成った意味が解らないシニアの行動である。なので今年が初参加。とは言え審査が有るので入選しなくては展示されない。昨日が搬入日そして今日は落選した作品の搬出日。今のところ連絡が無いので入選したのだろうか。

 昨日は一番乗りで作品を届けた。と思ったのだが、早くも沢山の作品が集まっていた。午前9時からの受付だと案内に有ったので、私は9時ぴったりに会場に着いたのにだ。それは良いのだが、会場に集まった作品の大きい事。私は早くもサイズで完敗している。コンペティションに大きなサイズで競うのは日本だけの事かと思っていたのだが、ここでもやはり同じ事に成っているらしい。しかし、シニアは小さな絵を描くのが楽しいので、楽しくない大型サイズを描く気はない。こんな事を強気で言えるのは、絵で食べて行く時代は過去のもの、絵は楽しみでしかないシニアだから言えるのだ。

 今回の事で気が付いたのだが、私が毎年参加するSGFAAグループは家庭的で、夫婦で切り盛りするレストランみたいな親近感を感じる。一方こちらはきらきらとハイソなオーラーを発散させている。私は田舎者なので少々ビビる。レセプションの日はタキシード着用なんてことはないよね。それに「レセプションの時にお菓子でも持って来てね」と言われたのだけれど、老舗の高級菓子って意味なのだろうか。かりんとうでは駄目ですか? などと大袈裟に反応してしまったシニアである。

 日記を書き終え調べたら、かりんとう老舗なんてのが有るんですね。かりんとうは日本の高級菓子?

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-25 09:23 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by Marrrsan at 2014-06-25 16:17 x
かりんとうはアメリカの「不思議な日本のお菓子」とかいう本に
SHIT(●んこ)に似ているお菓子と紹介されたのを見たことがある。アメリカ人がかりんとうを見てそれを想像するのでしょうか?食べる勇気のあるアメリカ人はいるのか?
Commented by genova1991 at 2014-06-25 17:06
是非かりんとうを持参されて、アメリカ人の勇気についての考察を!!(≧∇≦)
Commented by わこ at 2014-06-25 18:14 x
日本水彩展とかいうのの招待券をもらったので行ってみら、やはり100号ぐらいの大きいサイズばかりでした。背景のドイツ語新聞の小さな文字をご丁寧に書き写したのが、なんとか賞をもらっていました。わたしはF4専門で、少し反省しました。
Commented by shinia62 at 2014-06-26 01:00
ま〜さん、そう言われてみると犬の◯◯コに見えますね。日本では良く食べていましたがこちらで食べたのは過去40年に一度くらいです。
Commented by shinia62 at 2014-06-26 01:02
genovaさん、ハイソな御夫人達にかりんとうで活を入れますか。
Commented by shinia62 at 2014-06-26 01:04
わこさん、そのような大きな作品を描いてその後どうするんでしょかね。家には飾れないでしょうし。それほどまでにして入選する意味とは。


<< 突然の知らせ      DSL、SBWS、FGFAA、... >>