ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 16日

細腕繁盛記

c0053177_12123560.jpg

 

先週はJ氏の母親の葬式だった。それまで悠々自適のシングルラ
イフを楽しんでいた彼が母親の願いで一緒に住む事を同意した。
2010年の4月の事だ。仕事を退職し、その後セキュリティー
ガードを2年間。そして完全引退。これから旅行でもしながら残
りの人生を楽しもうと言う矢先だった。実は母親の面倒は母の希
望で上の姉が見ることになっていた。だからこそ、母親の所有す
る二軒の家と殆どの財産は其の姉が受け取る事に成っている。と
ころがその時が来ると、姉は母親を引き取る事を拒んだ。母親は
藁をもつかむ思いでJ氏に面倒を見てくれるよう頼んだ。細かい
事情は解らないが、母親とJ氏は長い事上手く行っていない。母
親は彼を嫌っていて遺産も彼には殆どないらしい。下の姉は母親
を嫌って家を出た切り実家に来る事が無かったと言う。いろいろ
ドラマが有る家庭なのである。

 そんな彼が母親の面倒を今日まで見て来た。外野に居る私から
言えば遺産を貰う上の姉が面倒を見れば良いと思うが、J氏は「
息子である自分の義務でもあるから」と言うばかり。

 これだけでも小説を書けそうな◯◯家だが、実はこの話しを完璧
なドラマにするもう一人のキャラクターが居るのであった。それは
姪である。上の姉の娘だ。何故か姪の息子が母親の家を相続する事
に成っているらしい。何処を向いてもJ氏には良い事無しの家庭事
情。気楽なシングルライフを嫌々ながら諦め母親の面倒見た彼は何
だったのか。

 J氏の話しを聞く限りではこの姪がくせ者。凄いやり手で回りに
嫌われながらもJ氏一家を掻き回している。

 と、まあ、今日の朝食会の話題はこんな感じであった。あまりに
ハラハラする話しなので、匿名でブログに書かせてもらうよとJ氏
に断り粗筋を書いた。実は本当のドラマはこれからなのだ。遺産相
続の件で弁護士と家族の会議が有るそうだ。その時姪はどう立ち回
るのか。いろいろ悪い噂が立っていると言うし。

 話しは変わるが、J氏の話しを聞きながら昔日本で大ヒットした
テレビドラマ「細腕繁盛記」を思い出していた。J氏が主人公の「
加代」。彼の姪はドラマで嫌われ役のキャラクターだった「マサコ」。
冨士真奈美が演じて大評判になったキャラクターだ。日本国民が悪
役マサコに血圧を最高点まで上げられたドラマだった。J氏の上の
姉はマサコにコントロールされる加代の旦那役かな。そんな配役が
頭の中でぐるぐる回っていた。

 細腕繁盛記世代だけが解る今日のブログであった。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-06-16 12:14 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by Marrrsan at 2014-06-16 12:51 x
テレビドラマのように最後は丸く収まることを願います。
それにしても「まさこ」という名前は因縁のある名前だったんですね~(と私は思う)
Commented by shinia62 at 2014-06-16 13:31
ま〜さん、マサコって名前はイメージ良くないですね。
Commented by genova1991 at 2014-06-16 14:34
やはり、リア王じゃありませんが、生きている間は子どもにお金を渡すのは考えものですね。
人の心は変わるもの。
自分の財産はお墓まで持って行きましょう!!
でなきゃ遺書。
生前贈与は考えものですね。Jさんのようないい人ばかりが損をします。
Commented by shinia62 at 2014-06-16 20:51
Genovaさん、
納得です。お金は人間の心を帰る。良い人でも、、、、、?  考えようでは私は幸運。心が変わる程金が入ってきません。


<< 夕食      一日のんびりと >>