2014年 04月 18日

私が初めて手にした楽器は、、、

c0053177_11471022.jpg


 ウクレレ集会の日であった。何時もより出席者が少ない。夏に成ると教室の生徒が少なくなる。他で遊ぶのに忙しくなるらしい。水彩画教室も同じだ。先生まで浮き足立って来る。そのせいかウクレレの集まりは何時もより30分早く終わった。まあ、シニアが集まる社交場の感も否めない場所である。気張らずに楽しくやろうってことだろう

 私が最初に親しんだ楽器はハーモニカだった。小学校高学年の頃である。一時は夢中になって吹いていた。なので腕がどんどん上がった。メロディーだけ吹くのではなくベース伴奏を着けるまで上達した。毎日何時間も吹いていたので口角が擦れて痛かった。それでも吹いた。

 弦楽器の最初はウクレレだ。看板職人の頃だ。十代後半。職場にギターのうまいA氏が居た。彼がウクレレを職場内で広めた。従業員の若手が皆ウクレレを弾き始めたように記憶する。昼休みはウクレレ教室に成った。それはそれで楽しい思い出である。その後フォークソングやエレキバンドを始めたのもA氏の影響によるものだ。

 ウクレレを弾いているとその頃が思い出されるシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2014-04-18 11:49 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2014-04-18 17:56 x
私が手にした最初の楽器はバイオリン!
ていうのは嘘で、やっぱりハーモニカ。でもまともに吹けず、最初の楽器で挫折。そのあと縦笛、ギターで挫折。もう楽器をやることはないと思っていたのですが、、、、、。人生はわからないですね。
Commented by shinia62 at 2014-04-18 21:02
ま〜さん、私が最初に手にしたかった楽器はピアノでした。人生は分かりません。家が金持ちだったら今頃ピアノ弾けたのに。


<< 人工呼吸だ、救急車を呼べ、、、      コールバック(二次審査) >>