2013年 12月 14日

銀行とウオッシュレットの関係は、、、

c0053177_12333084.jpg


 午後一番に銀行へ行った。家賃の支払い日が迫っているのでその準備である。金曜日だからなのか待ち列が結構長い。待っている間ぼんやりカウンターでサービスを受けている客達を眺めた。ウインドウは五カ所開いているけれどなかなか進まない。私の直ぐ前のウインドウに強大なお尻の黒人おばさんが居た。ただそれだけの事である。が、待っている間暇なので何時もの妄想が始まる。

 あんなに肥っていたら◯◯◯の時どうするんだろう。などと考え始めたら止まらなくなった。アメリカ人には巨大に肥った人が結構いる。日本の力士も叶わない大きさだ。トイレに行った時後始末が大変だろうな。笑い話みたいだが深刻な問題である。

 日本ではウオッシュレットがかなり普及している。アメリカはまだまだだ。本当は日本よりアメリカの方がウオッシュレットが必要だと思うのだが。あれがあれば巨大デブちゃんもお尻すっきり清潔な暮らしを楽しめる。

 全然肥っていない私だが、最近大の後始末に苦労している。尻が大きくて手が届かないのではない。身体が固くて手が届かない。朝起きたばかりで身体が固まっている時だけですが。そんな時は肩や腕を中心とした上半身の柔軟体操をする。身体がほぐれたら手が楽々届くのである。これで肥っていたらどうしようもないなと心配になるシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-12-14 12:34 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2013-12-14 14:34 x
太っていたら、尻周りの肉もあってウォシュレットの水も届いてほしい所へなかなか思うように届かないかもしれません。
Commented by shinia62 at 2013-12-14 22:49
ま〜さん、そうだと救いようが無くなりますね。肥ってなくて良かった。笑


<< 作品完成      オーデションと、、、 >>