ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 27日

その大きさに唖然、、、、、

c0053177_1227650.jpg


 先週の土曜日、N氏と夕食に出た時だった。日曜日は何をすると言う話しになった。私はジョンとの朝食が有りその後は家で絵を描く。日曜なのでのんびり過ごすつもりなのだった。N氏はコストコ(こちらではコスコなのだが日本は何時だってアメリカに逆らう。笑)へ買い物に行くと言う。「コストコで買って惜しいもの有る?」と彼が訊く。私はメンバーでは無いので時々彼に買い物を頼んでいた。歯磨き粉(と呼んで良いのか定かではない。粉だったのは昔なので)とかトイレットペーパーみたいに大量に買っても心配ない商品を良く頼んでいる。ちょうどオリーブオイルが欲しかったのでそれを頼んだ。

 そして昨日の月曜日、「オリーブオイル買ったよ」と彼から電話が。「パンプキンパイを買ったのだけれどサム好きだったよね。二つ持って行ってあげるよ。食べれるでしょう」と付け加えた。彼は今日火曜日に私の街にあるマルカイへ行きたいとかで、次いでに遊びに来る事になっていた。「ああ、二つくらいなら大丈夫」少々多すぎるなと思ったけれどそう答えた。普通サイズならそれほど大変な事でもない。食べれなかったら一つは冷凍すれば良い。

 そして今日N氏が朝早くやって来た。大きな箱を抱えている。先ず、オリーブオイルのどでかい瓶をテーブルへ。これは彼の家で見た事が有るので驚かなかった。次に大きな箱を私に手渡す。たかがパイ二つにこの大きな箱は何だ。と思いながらそれを受け取る。ありがとうと言いながら私はその箱を開けた。中を覗いて私は絶句。巨大なパンプキンパイがどかんと二つ。ええっ、、こ、これを私一人で食べるの。パンプキンパイはパイの中で一番好きだけれどこれはねえ。さてどうしようかと思ったけれど「ありがとう。一つは冷凍しとくわ」と言った。暫くはパイが三度の飯になりそうだ。

 夜、一体どれほどのサイズなのか計ってみた。直径28cmであった。どう見たって普通のパイの二倍は、いや、もっと大きい。2日後は感謝祭、何処の家庭でもパンプキンパイがテーブルを飾るのだろう。N氏は一体どんだけパイを買ったのだろうか。

(日本の展覧会に出品した作品を紹介します。小さな作品(15cmx13cm)が中心です。普段は描かないサイズなので苦労しました。水彩画はサイズが変わると描き方が変わっちゃう程敏感なのです。今日の作品「ヨセミテ公園風景」です。)

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-11-27 13:18 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2013-11-27 15:30 x
歯磨剤(しまざい)と言うのが正式な名前のようです。ペースト状のものは練り歯磨きで良いでしょう。
N氏の買ってきたパンプキンパイは家族用のものでしょう。私もそのくらいの大きさのパイは感謝祭には作ってましたよ。
Commented by shinia62 at 2013-11-27 23:10
ま〜さん、そうだ、練り歯磨きですね。忘れてた。/家庭用パイですか。独り者だと用はないってことかな。


<< 大洪水と水彩画教室?      買い物と昼食 >>