ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 07日

日曜の朝はこんなでした、、、。

c0053177_1057387.jpg


 朝食会の朝である。朝早く家を出て小東京へ向かった。何時ものように一街でフリーウエイを下りた。ところが通りのあちこちが封鎖されている。あらぬ方向へ遠回りさせられてイライラがつのる。やっと小東京に着いた。何時も車を停める一街もサンペドロ街も封鎖だ。待っていたジョンの顔をみるや「ダウンタウンで何があるんだろう」と叫んだ。「自転車グループが街を走るらしいよ」。だからと言って通り封鎖は困る。実は以前にも同じグループが同じことをやっていた。全く良い迷惑である。どのような趣旨で行われているのかは知らない。誰か教えてくれ。それがとても素晴らしい目的で、市民にどれほど迷惑をかけても実行する意味があるのなら、説明してくれ。解れば怒りが収まると思うし。どうして街の真ん中を走らなくちゃならないのか。きっと重要な意味があるのに違いない。幾つになっても知らない事が多い。勉強しなくては行けないなと気を引き締めるシニアである。

 それで朝食はどうだったか。美味しく頂きました。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-10-07 11:08 | シニアの時間 | Comments(1)
Commented by Marrrsan at 2013-10-07 13:19 x
それはCicLAviaというイベントですね。
このイベントで歩行者、スケーター、自転車に乗る人がロスの街中を安全に行きかう事が出来るとの事。家族が一緒にいつもは車に占領されている通りを闊歩できます。さむさんも自動車から降りてロスの町を安全に歩きましょう。歩くことは健康にもいい。CicLAviaの日はさむさんも迷惑だと文句を言わず楽しく健康にロスの街をいつもの散歩道代わりにあるいてください。
とにかく自動車社会で自分の足で街を歩くことを忘れたロスの人に
歩くことの大切さを改めて教える、いいイベントです。
ちなみにこの運動は30年以上前にコロンビアのボゴタで始まり、ラテンアメリカ、米国内で広まっているとの事。
以上です。ロスに住んでいないのにロスの事を知っている者より。


<< 散歩道で見つけた風景      土曜日の公園は、、、 >>