2013年 09月 23日

怪しい、凄く怪しい、何が目的だ

c0053177_8394062.jpg


 日本に居るアーティスト仲間M氏よりメールが来た。タイトルはgreat newsとなっている。開けるとリンクが張られていた。しかし私がそれをクリックする事は無い。かなり怪しいメールだからだ。怪しい点その一、送り主の名前がフルネームでローマ字で書かれている。M氏がフルネームを使う事は無い。その2、メールタイトルと内容が英語である。日本人の知り合いで英語のメールをくれる人は居ない。いや、一人いた。N氏だ。彼がアメリカ国外から私にメールを送るとき、何故か日本語が使えなくなるらしい。なので英語でメールが来る。結構簡単に日本語設定が出来そうだけれど、今のところ改善は見られない。その3、極め付けは送り主のメールアドレスがM氏のものではない。他にメールアドレスを持っている可能性は大だけれど、私に来るメールは何時も同じアドレスなのだ。

 この手のメールが来るようになったのは最近の事だ。M氏に限らずM州に住む女性Mさん、東海岸のDさん、日本に住むN氏などの名前でメールが来ていた。ローマー字で書かれたフルネーム、英語で書かれたタイトルと内容。リンクが張られている。酷似したメールだ。リンクの先に何が有るのか気になるけれど、今のところその好奇心を振り払っている。一体誰が何の為にやっているのか。現在M氏とは日本で行う二人展の事でメールを交換している。だからGood Newsなんてタイトルを見ると、おお、何か良い事あったかとリンクをクリックしたくなる。幸い英語で書かれているから怪しさに気が付くのだ。そう言えばアメリカ人のN氏にもM氏からの同じメールが来たと言っていた。彼もリンクをクリックしなかったそうだ。気のせいかもしれないけれど、これが始まったのはFBでアート仲間を増やし始めた頃と重なるような気がする。事実は小説より奇なりと言うけれど、いま読んでいるミステリー小説より、この怪しいメール事件はミステリーだ。

 シニアに悪戯を吹っかける卑怯者、名を名乗れ!!! と興奮するシニアである。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-09-23 10:05 | シニアの時間 | Comments(0)


<< 買い物、次いでに昼食は外で、、、      あると思ったら、、無い。大変だ。 >>