ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 12日

教室、オーデション

c0053177_11345935.jpg


 今日の水彩画教室はデモの日であった。題材は生徒の一人が撮った写真。彼女自慢の美形猫の絵。光の取り方が面白い写真だったので私が描きたくなった。教室で使う題材探しは結構大変なので時には生徒の助けを借りたりする。教室は何人かの生徒がお休みだったけれど、今日から参加した新しい生徒がいたし、教室を見学に来た人も居てそれなりに賑わった。女生徒が多いので会話も弾む。男は私と一人の生徒で二人だけ。だから大人しくしている。

 昨日はオーデションに行った。ある映画のちょい役。台詞が日本語だったので私には最適な役かも。現場は初めて行くソニーピクチャーズ・スタジオだった。このスタジオは我が家から比較的近いのだけれど今まで行く機会がなかった。スタジオは何処も馬鹿でかいので迷子になり易い。知っている日本人俳優達が沢山来ていた。これじゃ私にチャンスはなさそう。とはならないのがハリウッドの面白いところ。なにが選ばれる基準になるか解らない。「この俳優はブス度が私達の希望にぴったり」とか「下手な演技が面白い」なんて理由で選ばれるかも知れない。少なくとも私はそんなチャンスに掛けている。シニアの大根役者である。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-09-12 12:16 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2013-09-13 09:04 x
さむさんの凄いところは「大根ぶりを」演じられる演技力があることですね。
Commented by shinia62 at 2013-09-13 11:08
ま〜さん、大根役者を演じたら右に出るものはない。なるほど自信が出て来た。


<< 歯ぎしりをして悔しがる、、      ヨセミテ関係こぼれ話 >>