ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 06日

ヨセミテ その5

c0053177_10565863.jpg


教室の始まる前、一人の生徒が木彫りのクマを私に見せ、好きだったらあげるよと言う。それは昨日の教室が終わった時、その生徒が地面から拾い上げ眺めていた小枝に彫られていた。その時私は軽い気持ちで杖でも作るのかと訊いた。これを彫ることが出来るかどうか調べているんですよと答えた。彼は木彫りもやるのだとか。昨日、ホテルに帰ってから彫ったらしい。

その生徒は私の画家仲間D氏の友達である。私の教室に出るためロサンゼルスからD氏と一緒にヨセミテへ来た。背は高くないがでっぷりと横に大きい男である。白髪の混ざった髪をポニーテールにした横顔はインデアンの血が混じっているのかと思わせる風貌だ。ニューメキシコ州からD氏の家を訪問していると言う。それを聞いて私の頭の中にニューメキシコ、インディアン、熊の彫り物、アイヌ、北海道の先住民、熊の彫り物なんて言葉が行きすぎた。

その熊は小枝の曲がった節目のような部分に顔が彫られている。何の変哲もない小枝に彫られているのが面白くて、遠慮しながら何の抵抗もなく頂いた。綺麗に彫られて店で売っているのとは違う、なかなか味のある一品だと思う。ロサンゼルスへ帰ったら皆に自慢しようと思うシニアであった。

D氏とその友達M氏は明日ロサンゼルスへ帰る。教室初日から4日間来てくれた。ありがとう。こうして水彩画教室4日目は心温まる話しを残しながら無事に終わるのであった。一方、私は明日も頑張るぞと気合を入れるのである。残すところ後二日だ。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
;

[PR]

by shinia62 | 2013-09-06 10:58 | Comments(0)


<< ヨセミテ その6      ヨセミテ その4 >>