2013年 08月 28日

読書の夏か、夏の読書か

c0053177_10383150.jpg


 これまで読んでいた小説を昨日読み終えた。Dean Koontz の "The Key to Midnight"。ページ数405ページ。ペーパーバックとしては普通の長さだ。前回の小説もそうだったが、これもマインドコントロールをテーマにしたミステリーである。そして舞台は京都。日本の習慣や日本食についてやたら詳しく書かれている。小説家は取材に時間を掛けるんだな。小説を書いてみたいと思ったけれど、勉強は嫌いなので止めた。次の小説も同じ作家だ。知人に40冊のペーパーバックを貰って読んでいるのだけれど、これほど沢山Dean Koontzの小説が有るとは知らなかった。誰が書いたかなど知らずに読んでいる。でも、私の好きなスタイルだから良かった。

 朝から沢山マットを切った。出来上がった作品にそれを付ける。のんびり癖がついているので、急に忙しくなると凄く疲れる。マット付けが終わったら額装だ。ヨセミテ行きまではこんな状態が続きそうだ。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-08-28 11:01 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2013-08-29 00:02 x
さむさんには単なる「読書」でしょう。夏と言う季節は関係ないと思います(笑)。
Commented by shinia62 at 2013-08-29 01:51
ま〜さん、変なタイトルで気を引く作戦です。


<< 東京屋台ラーメン      ヨセミテ公園水彩画教室と火事との関係 >>