2013年 08月 13日

採血

c0053177_7155232.jpg


 採血のため病院へ行った。定期的な検査だ。私はコレステロールの薬を飲んでいるので、定期的に数値を検査する。それに肝臓や腎臓の検査もする。薬を常用すると当然ながらそれらの臓器に負担が掛かる。今のところコレステロールはコントロールされているし、肝臓や腎臓も正常だ。私生活では真面目に運動しているし、家での食事は理想的なメニューだ。本当に優秀な患者である。ただ外食の時は別だ。一応気を付けているけれど結構難しい。一人じゃないからついアイスクリームだケーキだとデザートを食べてしまう。身体に悪い物は美味しいので困る。

 話しを元に戻す。ラボの受付へ行ったら結構空いていてラッキー。カウンターには受付の人が3人居る。私は一番右側のとてもフレンドリーな女性に当たった。身体がずっしりと大きくて愛嬌のある顔が可愛い。こんなに手際が良くて親切な受付嬢は見たことがなかった。朝から良い気持ちである。他の患者も同じく感じるらしく、用事が終わった帰り際「ありがとう」と彼女に声をかけている。とても良い雰囲気だ。

 採血の時の注射針はそれほど痛くはないが、それが射される瞬間が見えるので肉体的痛さに精神的痛さが加わって結構傷みを感じる。私は3種類の検査をするのでミニ試験管三本の採血をした。今日は腕の良い人に当たって私の腕に青あざは見えない。朝から全てが順調に進んでほっとするシニアである。

おさむの掲示板

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-08-13 09:12 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2013-08-14 08:49 x
注射器を指される瞬間目を背けられないのでしょうか?
私はいつも目を背けて腕に針が刺さるところは見てません。
Commented by shinia62 at 2013-08-14 10:09
ま〜さん
私は見たり見なかったり。前回は見ませんでした。


<< DVDの時間      小東京は大騒ぎ >>