2013年 08月 05日

Berlin Currywurst

c0053177_720445.jpg

 電話の向こうで今日はカレーを食べに行こうと言った。彼がカレーなどと言うなんて珍しい、初めての事ではないか。どんなカレーなのか興味が湧く。ベルリン・カレーと言う店らしい。最初それをビルマと聞いた。ビルマならアジア系だしカレーも有りかなと思った。しかしよく考えるとビルマは今はミヤンマーだしそれも変だ。良く解らないけれど良いよと返事をした。夕方4時過ぎに彼の家に着いた。初めての場所だと言うその店の事を訊くと、カレーハウスだよと答えるだけで本人も良く解らないようだ。面白そうなのでとにかく出掛けた。車の中で誰に勧められた店なのか訊いたら、運転中に看板を見つけて良さそうだと思ったらしい。かなり良い加減な決定だと思ったけれど、そんなのも面白い。何時も行く店は安心だけれど刺激が無い。

 店は通りの角の小さな小さな店だった。店内にはテーブルが一個しか無く、店の前のポーチのような所にテーブルやカウンターが有る。なんてことは無いファーストフードの店だ。名前から察するにドイツ料理の店なのか。N氏は犬を連れて行ったので私達は外のテーブルに座った。店内のカウンターでチラシみたいなメニューを貰い内容を見る。それらは全くカレーに関係がない。Wurstはドイツのソーセージの様である。それにトマトベースのスパイシーソースが掛かり、パンが一緒について来る。ここまで来たので覚悟を決め注文した。私はポークソーセージ、N氏はチキンソーセージ、そしてフライドポテトも頼んだ。飲み物は清涼飲料の名前がが幾つか並んでいる。N氏が好んで飲むアイスティーは無い。しかし、メニューには載ってないけれどビールが有ると言う。そうでしょうよ、ビールの無いドイツ料理なんて有り得ないもの。それで私は黒ビール、N氏は普通の琥珀色ビール。

 カレー転じてソーセージの夕食になったけれど、それなりに美味しかった。私の黒ビールはなかなか行けたし。後で思うとグリーン野菜のない脂ぎった夕食であった。店の名前にあるCurryは一体何だったのかまだ悩んでいる。人の名前かもしれない。ヨセミテにもカレービレッジてのがあるし。今日もまた悩み多きシニアである。

おさむの掲示板

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-08-05 08:02 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by Marrrsan at 2013-08-05 09:10 x
Currywurstと言うのはカレー料理ではなくもともとソーセージ料理だとの事。ベルリンやハンブルグ地方で人気の食べ物。もともと大衆食でファーストフードだそうです。ケチャップとカレー粉を混ぜたスパイシーなソースでいただくものらしいので日本的な普通のカレーを連想したほうが間違いでしたね。いやー世界にはいろんな料理があります。
と書いてから、こんなことはさむさんはご存知で日記のネタとして書いただけのことかと思いました。
Commented by shinia62 at 2013-08-05 13:05
ま〜さん
わざわざ調べて頂きありがとうございます。本当に勉強になるブログです。N氏も私もに本式なカレーかと思ってました。
Commented by genova1991 at 2013-08-05 15:28
光を浴びた葡萄の房が素敵です!
カレー屋さんだと思って出かけたら、ドイツ屋さんで、ソーセージの夕食になった(≧∇≦)ちょっとたのしいハプニングですね。
Commented by shinia62 at 2013-08-05 21:04
genovaさん
ハプニングは沢山有った方が良いです。良いブログのネタになりますからね。お陰で長目の日記が書けました。


<< 一日遅れの日記です。      日本人N氏と旅行 >>