2013年 06月 01日

ハンカチと散歩

c0053177_927546.jpg


 季節によるのだが早朝に鼻汁が出易い。朝起きると決まって鼻をかむ。早朝の散歩時にもそれが続く事がある。そんな時のためテッシュペーパーを持って歩くのも面倒だ。それに使った後何処へ捨てれば良いのかって問題も有る。通りにゴミ箱は見つからない。幸いハンカチを持ち歩く習慣があるので、どうしても必要になったある日、思い切ってアメリカ人がするようにハンカチで鼻をかんだ。かなり抵抗が有ったけれど一度実行してしまうと意外と平気で出来るようになった。洗えば元通りに成る。ただ、薄い生地のハンカチだと使ったそれをポケットに戻すのは少々戸惑う。

 それで思い出したのは子供の頃の記憶だ。昔の家にテッシュペーパーなんて物は無かった。子供は服の袖で拭っていた(笑)。私の母は厚手の生地を20cm角程に切ってそれを使っていた。それは何時もポケットの中に有って何度も使っていた。厚い生地だと外側まで濡れる事が無く、ポケットに戻す事に抵抗も無かったと思う。私もその方法を真似してみた。もう着なくなった古着を適当な大きさに切って仕事用のテーブルに重ねて置く。散歩に出る時それをポケットに入れて出掛ける。それからはどんなに鼻汁が出ても平気になった。好きな時に鼻をかんでそれをポケットに戻す。何度か使った後捨てれば良い。散歩の時は大助かりであった。それでテッシュペーパーを使う事が少なくなり資源の節約に役だった。賢いエコ鼻紙である。

 私の鼻紙は時には厚手のシャツだったり、ズボンだったりするのだ。そしてある日その用途に最適な生地を発見した。ジーンズである。ちょうど良い厚さと心地よい柔らかさで鼻も喜ぶ。凄い発見をしたようで得意げなシニアであった。

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-06-01 12:21 | シニアの時間 | Comments(0)


<< 思い出のあの場所へ、、、、、      金持ち親父と貧乏親父。 >>