ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 18日

鯉ショーと水彩画教室の関係

c0053177_8124447.jpg


 早朝、いつもより元気に起き上がる。シャワーを浴び朝食をしっ
かり食べると出かける用意をした。久し振りの作品展である。気持
ちが高揚した。忘れ物がない かと部屋を見渡し家を出た。薄い霧と
ひんやりした空気に気持ちが引き締まる。

 15分程で会場に着いた。数人の人影が鯉ショーの会場に見える。
その広場を横切り水彩画展示ブースのあるホールへと急ぐ。長い間
に身についた癖で必要以上 早めに会場へ来てしまう自分に苦笑する。

 ホールの中は水彩画教室の展示だけである。昨年まで隣にブース
を出していた水彩画家仲間Rさんの姿がなかった。それだけのこと
だが何ともさみしい気持ちに なる。少々盛り上がりに欠けた会場の
雰囲気を感じた。少し遅れて何人かの生徒が作品を持ってやって来
る。昼頃には全作品が揃い展示会らしくなった。

 鯉ショーの一部として行われている作品展示会のせいか、宣伝す
る時間が一週間と少なかったせいか訪れる人も少ない。言ってみれ
ば例年通りの作品展になりそ うであった。

 そんな時である、小柄な日系人がブースへやって来たのは。その
男は私はドクターでなどと自己紹介すると私の作品について幾つか
質問した。暇な時間を持て余 していたのでここぞとばかり熱心に説
明した。やがて彼は机の上に乗っていた小さな作品を手に取ると「
これを貰おうかな」と私の前に置いた。それまで小さなカードが数
枚売れただけだったので大喜びだったが、顔には出さず平然と相手
をする。男はまた展示されている作品を見回り始めた。もしかする
ともっと買うのか。 私は計算機の手を止め男に視線を移す。ややあ
って彼は言った。「決めました。良いですか」と私を振り返る。お
お、もっと買ってくれるのだ。心の中で小躍りし ながらも得意のポ
ーカーフェースを決めながら「はい、どの作品ですか」などとビジ
ネスライクに対応した。「これとこれとそれからこれ。これも良い
な。後はこ れとこれ」男はスラスラと其れだけ言うと私に振り返っ
た。「はい、どうもありがとうございます」小躍りする心を気取ら
れまいと落ち着いた態度で明細を書き始 めた。何という演技者、私
は俳優の素質があるかも。と悦に入るシニアであった。

 二度ある事は三度ある。これまでコマーシャル出演、水彩画一挙
に6点売る、の幸運があった。それでは三度目の幸運はなんだろう。
今年は私の当たり年かな。


↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-03-18 08:19 | Comments(6)
Commented by ななかに at 2013-03-18 11:13 x
おお!良かったですね~
Commented by genova1991 at 2013-03-18 13:45
なんとまあ、幸先のいいこと\(^ー^)/
Commented by shinia62 at 2013-03-18 22:03
ななかにさん
嬉しかったです。こんな事があるから止められない絵描き商売。
Commented by shinia62 at 2013-03-18 22:05
genovaさん
今年は良い年に成りそうな気がします。てな事を毎年言っているような気もしますが。
Commented by 和美 at 2013-03-19 06:26 x
これが昨日書いていた奇跡でしょうか!奇跡ではなく長年の修行のたまもの。ビジネスライクの表情を拝見したかったです。ボーカーフェースだと思っているのはご本人だけかも(笑)。
Commented by shinia62 at 2013-03-19 09:06
和美さん
>ボーカーフェースだと思っているのはご本人だけかも。
自分の顔は見えないので案外そうかもしれませんね。(笑)


<< 作品展示2日目      作品展示 >>