ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 14日

音読

c0053177_3403279.jpg


 音読は随分長い間やっている。5年間くらいかな。もう少し少ないかも。毎日最低1時間を自分に義務付けている。1時間の内訳は、英語45分、日本語15分だ。以前は半々でやっていたのだけれど、日本語より英語の方が必要な気がしてこうなった。それで英語が上手くなるのか解らない。特に私の場合普段余り話さない寡黙の人だし。だから日本語も音読する。日本語忘れたら大変だ。

 いかに不器用な私でも5年間毎日音読していたら多少何かが身に付いている筈。何かって何か? 以前なら録音した自分の音読を聴いても何を言っているのか解らなかった。ぶつぶつぶつぶつと何か呟く感じなのだ。それがだね、最近は言葉一つ一つがはっきりしているし発音もグーッド。と思う。

 読む英語本が無くなるとナショナルジオグラフィック・マガジンなどを読んだりする。しかしこれだと普通の会話にあまり役に立たない気がする。やはり小説が良い。それだと会話のシーンも沢山ある。時には小説の内容に引き込まれ音読を忘れぶつぶつぶつぶつに戻ったりする。はっと気が付き「音読、音読」と気を引き締める。これは死ぬまで続けるつもり。そして私の最後の言葉は英語でやってみようかと。日本人として日本語を話していた私がアメリカ人に成り英語で遺言する。かっこいい〜〜〜〜。(バカ)

↓クリックするとこのブログの人気順位が見られます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-02-14 04:08 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2013-02-14 05:14
会話に役立てるのだったら、戯曲を読むのはどうでしょう。といってもシェークスピアでは時代が古いのでテネシーウィリアムズとか。
遺言のこす人がいるんですね、よかった。死後絵の教室の生徒に画材と作品をやるとか。あるいは絵を売って葬式代を出して欲しいと遺言?
Commented by shinia62 at 2013-02-14 12:33
ま〜さん
実はユーチューブの映画脚本ビデオを何本かリンクしています。会話の勉強に成るかと思ったのですが、スピードが速くてついて行くのに一苦労。もっと訓練が必要です。


<< 水彩画教室      掲示板 >>