ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 24日

鮨シェフ

c0053177_9351053.jpg


 スタジオへ着いたら日本人ばかり5人居た。コールバック(二次審査)に呼ばれた人達だ。知っている人ばかりって感じが良い。コールバックで5人なんて随分少ない。当たる確率5分の1、悪くないじゃん。何時もなら何十人も居て本当にこれがコールバックかよって感じだ。一次審査より多いような気さえする。そのせいか何時もは一人ずつ部屋に呼ばれて演技をするのだけれど、今日はみんな一緒に部屋へ入って一人ずつ演技した。審査員6人に加え仲間の4人の前で演技をする。恥ずかしい。いやそんなこと言っていられない。なんとなく客入りの悪い小劇場で演技している気分だった。私は3番目だ。その前の2人の演技になるほどこんな感じかと感心する。何時もは他の人の演技は見られないので良い経験である。てな訳で私の好奇心は満足したのであった。めでたしめでたし。

 そうそう、どんな役だったかまだ書いてない。鮨シェフなのだ。衣装もそれらしくと言われたけれど、洒落た衣装など持ち合わせがないので甚平で出掛けた。侍も忍者も着物っぽい衣装の時は其ればかり着ている。少なくとも毎合わせが着物みたいで其れらしい。アメリカ人に着物と甚平の違いは解るまいと甘く見ている。知らなかったのだけれど最近の鮨シェフユニフォームは結構甚平っぽい。5人の中に1人本物の鮨シェフが居たけれど、彼の衣装は私の甚平と変わらなかった。と思う。まだまだ使える私の甚平。

 オーデションのある日はそれだけで頭が一杯で何も出来ない。終わったら終わったで気抜けしたようで何にもしたくない。従って新作を描くのもその他諸々の仕事も明日が有るさってことにした。自由業は本当に自由、だから自己管理が難しいのだ。私のようにしっかりしたシニアでなければ自由業は勤まらない。

そう信じるシニアである。

↓このボタンを押すと、このブログの人気ランクが見れます。にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2013-01-24 10:05 | シニアの時間 | Comments(0)


<< 雨でした      緊急事態 >>