2012年 12月 17日

私、ユダヤ人になりましたって事は無い

c0053177_1212561.jpg


 昨日の土曜日はなんとユダヤ人の祭りハヌカー8日目の夜だった。祝いの夕食会でごちそうをたらふく頂いた。それではハヌカーについての説明を少々。ハヌカー(英語: Chanukkah, Hanukah, Hanukkah, ヘブライ語: חנוכה‎ Chanukkâh, イディッシュ語 chaniko, chanike ; ハニカともいう)とはユダヤ教の年中行事の一つで、マカバイ戦争(紀元前168年 - 紀元前141年)時のエルサレム神殿の奪回を記念する。アンティオコス4世エピファネスと異教徒によって汚された神殿の清めの祭りである。キスレーウ(ユダヤ暦の第9月)の25日から8日間祝う。宮清めの祭り、奉献の祭り(Feast of Dedication)、光の祭り(Festival of Lights)とも呼ばれる。って事なんである。(ウィキペディアより引用って言うかコピペした。)。

 なんで日本人の私がハヌカーなのか。それはアメリカ人の知人に招待されたのである。なるほどそのアメリカ人がユダヤ系なのだね。いいえ、全然違うのだ。ただの白人である。どう言う事かと言えば、彼の友達の友達がユダヤ系で、何かの資金集めパーティーで、友達の家が大きくてパーティーをやるのに良いので、ユダヤ系アメリカ人の人達に場所を提供したのである。それで次いでだからと私と私の友達の日本人N氏を招待してくれた。まあ、こう言う事である。実は2年前にこのパーティーに招待されていて今回が初めてではない。そこで初めてホワイト・エレホント・ギフト交換てものを経験した。ポテトパンケーキもこのパーティーで経験したっけ。その時のは焼き過ぎで不味かったけれど今回のはなかなか美味であった。

 こんな事を続けていたらいつかはユダヤ人になっちゃうかもしれない。なんて心配は無い。クリスチャンでもない日本人がクリスマスを祝うが如く、ようするにお祭り騒ぎが出来る良い口実って事だ。そのパーティーがお開きになったのは夜中の12時近く。ごちそうは楽しかったけれど少々疲れた。最後にユダヤ人の人達が集まってヘブライ語(?)でハヌカーの歌を唄いながら8本の蝋燭に火を灯し厳粛な雰囲気の中終わったのである。さすがに私達はそこまで付合えなかったが面白い経験であった。

 さあ次はクリスマスだ。またごちそうが食べれるぞ。本来の意味など解さず喜ぶシニアである。

 ↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-12-17 12:51 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2012-12-17 23:22 x
宗教なんて関係ない日本人はそのうちハヌカもお祭りに取り入れるかもしれません。「光のお祭りハヌカ」とかいって電気店が大々的に宣伝するかも?
Commented by shinia62 at 2012-12-18 08:39
ま〜さん
可能性大ですね。笑 光の祭り良いじゃないですか。


<< 朝食会      ウクレレ >>