ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 10日

光を見た

c0053177_2341333.jpg

11月10日2012年

朝、外を見ると日本晴れ。再度安曇野ヘ出掛ける。今日の目標は「ちひろ美術館」。一日一目標のペースで行動している。シニアの旅の鉄則は無理するなである。水彩画を描き始めた頃憧れた画家「いわさきちひろ」彼女の美術館が安曇野に有るとは知らなかった。でもそれを知った以上見なくてはなるまい。小学校の頃の教科書に彼女のイラストが載っていたのを思い出す。そのことを同年代らしい人達に話したら知らないと言われた。私の思い違いかと自信をなくしていたけれど、今日の美術館見学で私が正しかったことを確信した。私が小学生の頃彼女は教科書にイラストを描いていたことがあるそうだ。彼女の原画を見るのは初めて。すごく勉強になった。私は原画を見てテクニックを習う(盗む)特技を持っている。ロサンゼルスに帰ったら早速ちひろのような作品を描いてみよう。安曇野はどこへ行っても絵になる。題材に困らない街だ。写真を撮りまくった。水彩画は暫く安曇野三昧でいけそうだ。

今日、10日の夜は東横インに部屋が取れなかった。それでエースイン松本と言うホテルに移動した。東横インは松本駅に近く徒歩7分程だったが、このホテルはもっと近くて徒歩1分。駅に連結してるような近さ。これより駅に近いホテルはあり得ない。ただツイン部屋は取れなかったのでシングル二部屋を取った。同じ階で隣同士なのが憎い。電話で予約を取った時、禁煙部屋が無いとか、同じ階は難しいとか悲観的な答えだったけれど、来て見たら望み通りの部屋だった。めでたし、めでたし。

ちょっと早めの夕食に入った店は、とても良い感じの店だった。一昔前のビアバー(その頃はビアホールと呼ばれていた。)の雰囲気である。今ではビアパブとか呼ばれているのかもしれない。飾り付けがドイツっぽいのが嬉しい。しかし食事内容はビールを飲みながら鳥の唐揚げ、白身魚のフイッシュ・エンド・チップスそれにサラダと無国籍な感じ。松本市最後の夜をビールで乾杯した。今回の旅行で一人部屋は初めて。嬉しいけれど、突然一人と言うのも淋しくもあったり変な気持ち。一人になって連れの居る旅の楽しさを知る。どちらにしても一長一短てことか。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-11-10 20:41 | 日本訪問記 2012 | Comments(4)
Commented at 2012-11-10 21:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinia62 at 2012-11-11 14:24
ジュリアンさん
この作品はヨセミテです。京都に着きました。3時にチェックインします。ただいま待ってます。
Commented at 2012-11-11 18:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinia62 at 2012-11-11 22:20
ジュリアンさんそうなんよ。雨の中宿までたどり着きましてん。


<< 京都やねん      安曇野 >>