ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 26日

おかしな色に手を出すな。

c0053177_10437.jpg


 私の貧乏性が仇になって今日描いた作品が酷い出来になった。何の事かと言いますと。先日ネットで水彩画紙や水彩絵の具を買った。それは無事に届いて問題はない。問題は荷物の中にフリー・ギフトとして有った小さなチューブの水彩絵の具だ。以前にも貰った事が有るが無料で貰う絵の具は私には必要ない色が多い。もっともだからこそ無料でくれるって事も有るが。どんな色かと縛り出してみたら、マリンブルーに紫が入ったような不思議な色。色名は聞いた事もない奇妙な名前だ。そこで捨てれば良かったのだけれど、勿体ないともう一人の私が言う。マリンブルーの代わり使えるかもしれない。パレットにその色を縛り出した。

 今日小さな新作を描いた。以前に大型の作品を描いて大成功した題材だ。例の絵の具を使う事にした。塗っている時は悪くないと思えたけれど、仕上がった作品の色がやけに暗い。何時もの私の色彩ではない。やはり良く解らない色を使うべきではなかった。パレットに絞り出したその色をパレットナイフで恨みを込め取り出した。慣れてる色で描いたら秀作になった筈だと自分の貧乏性を悔やむ。おかしな色に手を出すな。良い教訓だった。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-09-26 11:11 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2012-09-27 01:23 x
あるいは使い慣れた色に慣れてない人にとっては良い色に思えたりするかも。さむさんもその色に慣れたら、それほどの違和感はなくなるかもしれませんよ。しばらくどこかに置いておいて時間が経ったら眺めてみましょう。あるいは直射日光にさらして変色させてみましょう。
Commented by shinia62 at 2012-09-27 05:09
ま〜さん
もう捨てました。(笑)しばらく使ってみての結果です。私の色彩感覚に会いません。


<< 夕食      作品制作、日本へ電話。 >>