2012年 09月 24日

水彩画

c0053177_752087.jpg


 絵を真面目に描くようになったのはアメリカへ来てからだ。子供の頃から絵は描いていたけれど、趣味の範囲を出ないお遊び程度。絵心も年に一二度やって来る程度であった。中学の頃絵が上手いと回りにおだてられ美術部に入った。しかし結果は時々まぐれで良い作品が描けるが、ただそれだけの事。中学卒業後、看板職人見習いとして就職した。その事もあり興味は商業美術へ向いて行った。ポスターデザインでは(その頃は文字まで全部手書きだった)市レベルの展示会で賞を取ったりした。日本の絵画展に作品を出品した経験はない。

 アメリカへ来たのは30過ぎてからだから、絵描き人生がスタートしたのは30半ばを過ぎた頃だろう。そんな訳で、日本で作品展をやる事は本当に嬉しい事なのだ。子供の頃の夢、画家になる事は実現した。そして次の夢日本で作品展をすると言う夢が叶えられようとしている。いや、厳密に言えば2年前に叶えられた。しかし、自分が出席出来なかったので半分叶えられたと言う感じだ。従って今年の作品展は私の夢が100%叶えられる瞬間なのだ。わお〜! 興奮して来たぞ。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-09-24 07:33 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by 和美 at 2012-09-27 23:56 x
お久しぶりです!
今回は日本で出席するんですね。これは力が入るでしょう。最近は良い絵がどんどん描ける、と調子が出ていたから、その波に乗って必要な作品ができそうですね。
Commented by shinia62 at 2012-09-28 04:32
和美さん
はい、頑張ってます。新作どんどん描いてますよ。今から楽しみな作品展です。


<< 作品制作、日本へ電話。      土曜日は >>