2012年 05月 20日

戦争体験

c0053177_28317.jpg


土曜日に小東京へ行くのは珍しい。それではなぜはるばる田舎町から出てきたか。この土曜日は特別な日なのであった。日系人には見逃せない大事なドキュメンタリー映画「MSI」が日本人街で上映される。と大げさに書き始めたけれど、筈かしながら日系人苦闘の歴史に疎い自分はジョンに誘われ見に行くことにした次第。

上映場所は小東京の東外れにある西本願寺ホール。多目的ホールになっていてバスケット試合から日系コミュニティーのカラオケ大会や演芸会、何にでも使われる。ここで映画を見るのは初めてであった。結構広いホールに折り畳みのパイプ椅子が並ぶ。三百人は入れるかと予想する。もっとも私の予想はかなり当てにならない。体育館で映画を見るの我が村の学校で催された映画会以来かとおもう。

映画の内容を簡単に説明すると、第二次世界大戦中、帰米日系人(子供の頃に日本の教育を受けさせる為日本へ帰えされその後帰米した日系人)を中心に編成された情報部門。人間秘密兵器と呼ばれアメリカの勝利に大きく貢献した。日系移民には涙なくして見られない感動ドキュメンタリーであった。映画を見た後、日本人である自分が誇りに思えるドキュメンタリーだった。
[PR]

by shinia62 | 2012-05-20 13:39 | シニアの時間 | Comments(0)


<< 知らない街へ迷い込む      散歩と太極拳 >>