2012年 05月 07日

ディナーへ招待

c0053177_9262616.jpg


 昨日の約束道り、豪華なディナーのお話を書きたい。午後七時、N氏の昔の同僚J氏がやって来た。私達三人J氏の車に乗り込む。車内の空気はタバコの臭い。私の回りに煙草を吸う人が殆ど居ないので少々驚く。それ程煙草を吸う人が少なく成っているこの頃だ。

 車は直ぐに走り出す。街の通りをグレンデールに有るTam O’Shanterレストランへ行くのは結構複雑な道である。私が運転したら直ぐに迷子に成りそうだ。J氏は慣れていてあちらへ曲がりこちらへ曲がりどんどん走る。何処を走っているのか良く解らない。そして、ある街角を曲がったらそこが見慣れたレストランだった。お見事!

 予約時間まで15分ほどあったが待つ事なくテーブルへ案内された。ウエイターがメニューを持って現れ、先ず飲み物のオーダーを取る。運転するJ氏はビール、私はグラスで赤ワイン(Cabernet Sauvignon)を注文。私達を招待してくれたN氏はアイスティー。私だけがその気になってはしゃいでいる感じ。(恥)

 このレストランは日本人観光客に人気のプライムリブの店Lawry’s の姉妹店。プライム・リブが有名らしい。私はプライム・リブのカリフォルニア・カット。これは私の一つ覚えでLawry’sへ行ってもこの店でも同じメニューばかり頼んでいる。 肉の量がちょうど良い。 J氏のは何カットか訊かなかったけれど、プライム・リブ。N氏はビーフ・シチュウだ。ワインで良い気持ち。食事も最高。デザートの前に腹一杯の気分。だけどせっかくなのでアイスクリームを頂いた。

 久し振りにリッチな気分の夜だった。

(完)

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-05-07 09:27 | シニアの時間 | Comments(0)


<< Skype      昼食はハリウッドで >>