2012年 05月 01日

水彩画描き方ビデオ

c0053177_12561833.jpg

 デジカメで水彩画ハウツービデオを撮影した。その為のスタジオ
が有る訳ではない。何時も絵を描く場所で在り来たりの三脚を使う。
時には外の雑音が入ったりする。途中で客が来たら大変だが、今の
ところそれは無い。カメラと時間を意識しながら描くのは大変だ。そ
れに、これを見る生徒のこともあるので何時もより自信たっぷりの筆
裁きをする。意外にこれが功を奏して良い作品が出来ることが多い。
私がいつも言っている水彩画はスピードが大切を証明している訳だ。

 今日のビデオは花束の葉が沢山重なり合った状態をどう表現する
かと言うもの。ある生徒はどうしても各々の葉が気になる。その結果
塗り過ぎてしまい色彩が濁ってしまう。奇麗な色彩を作るには一度
に沢山の違った色をミックスしない。塗る時の筆数は少ない方が良
い。筆数のことで言えば墨絵の描き方から学べるものが多い。

 と言う訳で生徒が描いた作品を見ながらデモをした。一気に描き
上げるのが良いが、時にはカメラを止め乾きを待つ。カメラをオフ
にする度クローズアップにセットしたレンズが元に戻ってしまうので、
またセッテングをしなければ成らない。その辺りが少々面倒だ。

 実際の撮影時間は40分弱ほどだ。それを編集し10分内に納める。
これがユーチューブに載せる時間の制限だ。長い間利用している
と15分までアップロード出来るそうだ。しかし描き方ビデオで10分
以上は飽きがくる。だからそれ以上の長さにする積もりはない。時
間の掛かる題材の場合、編集した後ビデオスピードを速めたりす
る。この方法は実際のスピードで見るより解りやすい気がする。

 編集が終わると説明の音声をダビングする。これが結構難しい。
原稿が有る訳ではなく行き当たりばったりだから、言いたい事が上
手く言えなかったりする。口べたな私の場合それが多い。絵を描き
ながら説明するのが理想的だ。しかしそれだと編集が難しい。今の
ところ大変ではあるが音声を最後に入れるのが問題が少ない。

 ビデオが出来たらユーチューブにアップする。ビデオは三通りのセ
ットアップが出来る。一般公開、プライベート、(これは本人しか見れ
ないのでアップする意味が解らない。)そして私が良く使うアドレス
を知っている人だけが見られるセッテングだ。アドレスを生徒に送
り見てもらう。

 今日はビデオ撮影とそれをマックに取り込むまで終わらせた。明日
は編集そしてユーチューブにアップする。完成までもう少しだ。


↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-05-01 12:57 | Comments(0)


<< より道      ショーイズオヴァー >>