ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 16日

朝食

c0053177_11385024.jpg


 小東京のみつるカフェーである。ジョンと何時ものテーブルに座る。開店時間より何分か早めに入ったせいかウエートレスがまだ来ていない。キッチンを1人で切り回すメキシカンのシェフがコーヒーカップを沢山抱えて私達のテーブルへ来た。その中から二つのカップをテーブルに並べ熱いコーヒーを入れる。「ありがとう」とジョンと私が声を揃えて言う。他の客にもコーヒーが出そろった頃ウエイトレスがやって来た。開口一番遅れて来たことの良い訳。今朝は自転車クラブの何かがダウンタウンであり、あちこち通りが閉鎖されていたので彼女も助かっただろう。なぜなら彼女は遅刻の常習犯なのだ。時には30分も遅れて来てシェフが1人で切り盛りしたりする。そんな時ジョンはウエイターよろしく醤油瓶をテーブルに並べたり働き始める。とは言えそれは私達のテーブルだけの事で、他のテーブルのことまで面倒見られないのだけど。それにしてもウエートレスは開店30分前に来てテーブルのセットぐらいするべきではと思うけれど、ラテン系の彼女全くその気無し。遅刻をしても気にもせず朗らかである。

 ようやくウエートレスが注文を取りに来た。「何時ものやつをハム付きで」とジョン「何時ものやつをハム無しで」と私。その後は2人のお喋りが始まる。やがて注文の朝食が運ばれる。両方ともハムが付いている。「ハム無しって言ったっしょ」と私。「あら、ごめんね。シェフちゃんと聴いていないから」とウエートレス。腹が減っているし、やり直してもらうのも面倒だし、ハムの付いた美味そうな朝食を見せられたら食べたく成った。「良いよ良いよ。貰っとくよ」と私は言って、またも、してやられたかななどと思う。日本人は文句を言わずに出されたものを食べる人が多いから、わざと間違い商売繁盛に繋げているのだろうね。そんな冗談とも付かないことをジョンと言い合って苦笑い。商売繁盛ご苦労さん。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-04-16 11:40 | シニアの時間 | Comments(0)


<< 釣り      嵐のあと >>