ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 12日

放浪者

c0053177_1148851.jpg
 水彩画クラスの日であった。クラス見学の人が2
人やって来た。一時、生徒数が充分以上に集まった
のでチラシ宣伝を止めていた。ところがその後生徒
が何人か辞め暫く振りにまたチラシを出した。10
日程前だったが、先週と今週のクラスに合計3人の
人が見学に来た。こんなに効果を出した宣伝は初め
てだ。後はその人達がクラスへ来るかが問題だ。

 話は変わる。昨日の日記に歳と共に日本に対する
懐かしさが増すみたいなことを書いた。実際、私の
回りにそんな人達が居た。アメリカに30年40年
なかには50年以上も暮らした人達があっさり日本
へ帰ってしまう。私は今のところそんな気はない。
それどころか帰る人達の後ろ姿に勿体ないと声をか
けたい。そろそろ70歳になります程度では日本が
懐かしく成る歳ではないのか。80歳、90歳にな
ったら帰りたく成るのかも知れない。今の気持ちで
言えば、そんなことはないアメリカに骨を埋めると
断言出来る。その積もりで準備したので帰るとは言
えない。

 少数だけれど、日本へ帰ったものの馴染めずアメ
リカへ逆戻り、そんな話も聞く。私が日本へ帰った
らきっとそんなケースに成るだろう。日本は私の産
まれて国ではあるが、私にとって一番大事なのは今
住むところだ。昔から家族、故郷って感覚が希薄な
ところがあった。私は放浪の人なのである。


↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-04-12 11:49 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2012-04-12 13:58 x
私の知人の親戚筋の人にそういう感じの人が居ます。彼女は若くしてハワイへ嫁に行き、子供も産んで自分は小学校の先生をして何の不自由のなく暮らしていたのですが、体が弱くなってある日突然日本語しか話さなくなり、日本が恋しいと言い出したといいます。成人した娘が居るのですが、娘は英語しか話せず、会話が出来なくて困っているとか。
英語を聞く事はできるのですが、話すと日本語しか話せなくなったとの事。さむさんもそうなったら大変ですね。でもロスは行くところへ行けば日本語が通じるから良いですね。水彩画教室もほとんど日本語のようだし。ただヨセミテにはいけなくなりますね。
Commented by shinia62 at 2012-04-12 22:02
ま〜さん
どうなるか解らない先のことは心配しないことにしましょう。痴呆症になると後で覚えた言語が先に忘れると言いますからね。怖いですね。


<< クーポン      日本趣味 >>