2012年 03月 03日

速報

c0053177_3241895.jpg


 台所で皿を洗っていたらドアをノックする音がした。今頃誰かな、訪問客の予定はないし。出てみるとフェデックスの配達人だった。大きな包みを差し出すと「サインお願いします」と言った。ひょっとするとあれかな。思い当たることが有った。

 3日ほど前のことだ。電話が鳴った。電話の向こうで若い男の声が早口で話す。良く聞き取れない。その概要は先日私が仕事をしたビデオに関してだった。「私のボスがその出来上がりを大変喜んでいました。つきましては感謝の気持ちとして贈り物をさせて頂きたいと思います。住所を教えて頂けますか」。私は一瞬沈黙。何かの詐欺か。でも仕事内容を良く知っているしそうではないだろう。その仕事は秘密厳守と言うことで書類にサインをさせられた。

 やはりその会社から贈られて来たギフトであった。直ぐには開けずに仕事に戻った。いろいろ想像してその贈り物はあれかも知れないとにんまりした。仕事に関してのギフトだとするとあれに違いない。でも結構高価なものだからそれはないか。などと想像を巡らせる。

 台所を片付けその包みを開けた。やはり、思った通り、出て来たのは、、、、














iPadだ!
 わ〜い! 嬉しいぞ! iPad買おうかなと思っていた。何時実現するか解らないことだったけれど。それがこんな形で実現するなんて。こいつは春から縁起が良いや。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-03-03 04:37 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2012-03-03 08:23 x
いいな~ipad。次は ipodを狙いましょう。
紛らわしいでしょう(笑)。 ipad と ipod
ところで本当にpadのほうですよね、podじゃないですよね。
Commented by shinia62 at 2012-03-03 09:37
ま〜さん
ipodはテレホンのサービスを買うのでしょう。携帯の一種では。だから要らない。私のはipadのほうです。書籍ぐらいのサイズで小型コンピューターって感じ。


<< またも週末、良い加減にせい。      中華料理 >>