ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 15日

思い出がどばーっと、、、

c0053177_417574.jpg

 
 ラジオから流れる「ヤンボー、ニンボー、トンボー」の主題歌。懐
かしいねえ。映画「Always三丁目の夕日」はこんなシーンで始まった。
その映画に出てくる子供達は、ちょうどその時代の私の年齢だ。良く
見ると中の1人は私にそっくり。と言うのは冗談だが。映画はたっぷ
りと思い出に浸りながら楽しませて頂いた。

 のっけから集団就職のシーンが泣かせる。「口減らし」この言葉も
良く聞いた。集団ではなかったけれど私もそんな就職組であった。絵
の得意な子供だったので、看板屋の見習いになれば良いってことだっ
た。しかしその年に看板職人の見習い募集はなく、取り敢えず就職っ
てことで小樽駅前の本屋に仕事が決まった。そこで看板職人見習いの
チャンスを待つ。そんなことだった。もっとも看板職人が絵を描くの
は限られた種類の看板で、普通そんなチャンスはあまりない。それで
もアートのセンスは看板職人には大事な要素ではある。

 テレビが出始めたばかりの時代だった。映画の中でもそんなシーン
があり微笑ましい。私の村でも最初にテレビを購入したのは大きな商
店であった。商店主の粋な計らいなのか、それは外から見える位置に
置かれていて、ウインドウの前に人だかりがしていたのを思い出す。
そんなころ私の家ではラジオを買って大騒ぎしていた。そのラジオか
ら最初に流れた音楽が、歌が、ヤンボーニンボートンボーだったのだ。
澄んだ子供の歌声に、天使のような歌声だと感動した。

 あまりにも私の年代にぴったりだったもので、その時代の出来事に
つい注意が行ってしまう懐かしい映画だった。


↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-01-15 04:24 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by genova1991 at 2012-01-15 21:20
確か来週から「1964」が始まります。今回は3Dだそうです。東京オリンピックの頃の賑やかな時代背景なのでしょうね。
私は目が悪いので割増のつかない2Dで見ようかなと思っています。
Commented by shinia62 at 2012-01-16 03:33
genovaさん
1964年と言えば私が看板職人の見習いをしていた頃ですね。これまた懐かしい時代です。こちらでも見れると良いですが。
Commented by Marrrsan at 2012-01-16 15:52
ヤンボー、ニンボー、トンボー?
ヤンボー、マーボーなら知っていますが・・・・
♪僕の名前はヤンボー、僕の名前はマーボー、二人合わせてヤンマーだ、君と僕とでヤンマーだ♪
というヤンマージーゼルのCM。
Commented by shinia62 at 2012-01-17 12:35
ま〜さん
年代が一昔違うので知らないのかも。黒柳徹子を声優として知ったのもこの番組でした。ヤンマーディーゼル・コマーシャル私も知ってます。


<< 無声映画の夜      火葬サービス >>