2012年 01月 11日

ミッション・ポッシブル

c0053177_9273533.jpg


 本当に久し振りのミッションである。興奮で昨夜は良く眠れなかった。朝の3時に目が覚めた。そのままベッドでうつらうつら。3時半起床。指示された通り秘密の番号を回し指示の最終チェックをする。集合時間が30分遅く成っていた。しかしその程度の時間の変更はないも同然。濃いコーヒーを飲みながら戦いの準備をする。録音されたミッションの詳細や場所の確認をする。その場所を地図で見ると、人家もない赤茶けた砂漠みたいなところなのだ。土地勘のないところでまごついては困る。約束時間の2時間前に家をでた。外はまだ真っ暗であった。

 何もない荒れ地の真ん中に、突然金網のフェンスが出現。その中へ何処からともなく現れた車が入って行く。入り口を入るとメキシカンらしい肥った男が手招きで駐車スペースを指示する。車の数はかなりのものだ。

 そこから奥に入った丘の影に、仮設の小さな集落があった。このミッションの為に集まった老若男女が静かに行き交う。誰もが怪しげなオーラーを放っている。私の先を歩く3人のグループに従い、巨大なトレーラーの階段を上る。

 その中で暫く持っていると、2人の白人女性が書類らしい物を小脇に抱えて入って来た。1人が言う。「それではこれから貴方達の任務を説明します」部屋の中の人達は水を打ったように静かに成った。

続く

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-01-11 11:06 | はりうっど、ハリウッド | Comments(2)
Commented by Coconut at 2012-01-11 21:49 x
早く次が読みたいです。ワクワク。
Commented by shinia62 at 2012-01-11 22:49
Coconutさん
はい、少々お待ちください。


<< ミッション・ポッシブル 2      DVD >>