2012年 01月 09日

火葬、

c0053177_8583096.jpg


 ネプチューン・ソサエティから死への招待状が来た。と言っても驚くことはない。それは簡易葬儀屋の宣伝である。アメリカではこのての葬儀屋が重宝している。私のような独り者は、いや独り者でなくとも経済的に火葬、その後の処理が出来る。簡易葬儀サービスは他にもあるけれどここが有名。私の古い友人も死後ここの世話に成っている。

 招待状は以前にも沢山受け取っているが、笑い飛ばして捨てていた。しかし歳を重ねるごとに、それは私の手の中で重みを増し、軽々と捨てることが出来なく成った。カードを掲示板に貼付け考え込んだりしている。私の知人N氏もずっと前にそのサービスを買っている。そうなのだ、生きているうちにサービスを買い前払いするシステムもあるのだ。それなら早く買って置けば比較的安く買えると言う訳だ。今回の招待状は凄い現実として胸にがんと来たので、早速ネプチューン・ソサエティーのホームページを覗いて見た。

 敵もさるもの引っ掻くもの、何処のページを見ても値段のことが書いていない。しょうがないのでメールをした。N氏のときは10年程前で1600ドル程と言っていたので、今なら2000ドル。とにかくメールの返事が来てから驚くとするか。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2012-01-09 08:59 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by 和美 at 2012-01-09 15:06 x
簡易と言っても結構高いんですね。もちろん普通のお葬式は、もっと高いでしょうけれど。
Commented by shinia62 at 2012-01-09 22:53
和美さん
確かに私には少々高額ではあります。今の値段はいかほどか興味があります。


<< DVD      SAG賞 >>