2011年 10月 21日

シニア日本珍道中 3

c0053177_7593945.jpg


 早朝6時半の新幹線で札幌へ。9時間で着くと言うのに驚く。日本へ来る度その時間が短くなっている。以前の日本訪問では盛岡までだった新幹線は青森まで走っている。北海道まで走るのは時間の問題か。午後3時40分に札幌へ着いた。楽勝楽勝!!!

 札幌の宿は駅北口東横イン。買い物好きなN氏の為、デパートの近く。歩く事の苦手なN氏の為に駅の近くを考えてある。ここでゆっくり休養、明日の朝私の田舎へ行く。汽車で倶知安まで行き、そこから田舎に住んでいる甥が迎えにくる。Skypeで時々話しているので暫く振りに会う気はしないが、本人に会うのは6年振りだ。

 倶知安の駅を出ると直ぐ甥のYが現れた。なんと仕事に使っている大きなバンでお出迎えだ。N氏に甥を紹介し、甥にN氏を紹介するとバンに乗り込む。田舎の蘭越へ着くまで甥の即席ガイドで田舎の近況を知る。子供の頃、車はなかったから、汽車で町から町へ移動する事はあってもその辺をドライブなんて事はない。今回は車であちこち回れたので、生まれ故郷の知らない部分を沢山見る事が出来た。今回の故郷訪問で一番驚いたのは、私が育った家の後が全く解らなくなっていた事だ。10何年前だったと思うが、壁の剥がれた廃屋となっている我が家を写真に収めた。ところが今回はその辺りがうっそうとした森になっていて家が建っていた辺りの痕跡さえ見つからない。完全に自然に返っている。甥の説明で「ここが昔遊んだ川に通じる道」と言われてもなかなか思い出せない私であった。一人で来たらどうなっているのかさっぱり解らなかった事だろう。

 山の食堂で昼食を頂きドライブは続いた。私は全く知らないどこかの国をドライブしているようであった。今回の田舎訪問はショックと共にとても感慨深い訪問であった。「故郷は遠くにありて思うもの」と言う言葉があるけれど、私の故郷は正に心の中にしか存在しなくなった。午後、倶知安まで送ってもらい汽車で札幌へ帰る。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-10-21 08:34 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by 和美 at 2011-10-21 09:34 x
10年で家がなくなってしまうなんて。九州や沖縄ならまだしも北海道なのに。人間の小ささを感じてしまいます。
Commented by shinia62 at 2011-10-21 12:20
和美さん
北海道の廃屋は雪に潰されてしまうのです。私の家も有る冬の日に雪の重みに耐えかねて逝ってしまったようです。アーメン


<< シニア日本珍道中 4      水彩画クラスあれこれ >>