ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 07日

静かな週末の朝、、、が、

c0053177_1192882.jpg


 週末なので何時もよりちょっと遅めに散歩に出た。
曇っていたので涼しくて気持ちの良い散歩日和。
家から出て二ブロック歩くと最初の大通り。
ここを横切り住宅街に入る。
早朝は殆ど人の姿も無く貸し切り状態の散歩道。

 信号機の歩行者ボタンを押して青に変わるのを待つ。
車が極端に少ない週末の早朝。
青に変わって私は横断歩道を渡り始めた、
反対方向に停まっていた黒の巨大ピックアップ・トラックがどう時に発進。
左折の信号を出している。(アメリカの交通ルールで読んでください)
歩きながら「この状態が危険なのだよね」と思う。
歩行者を無視した左折の車に跳ねられそうになったり跳ねられたりの過去がある。

 このような状況になった場合
いつもその車の運転手に注意を払う。
こちらを注意しているかどうかをだ。
しかし、運転手が見えない。
フロント・ガラスがコーティングされているようだ。

 急いで横断してそのトラックを左折させてやろうと足を速めた。
その時だ、トラックは行きなり左折して横断歩道に突っ込んで来た。
殆ど通りの中程まで来ていた私の前方すれすれを
ブオ〜ンと横切った。
その気になれば私の背後に回るスペースがあるはずなのだが
通り中央の黄色い線を跨ぐようにトラックは侵入してきたのだ。
慌てて身を引く。
巨大トラックの風圧で足がふらつく。
 
 一体どんな奴が運転していたのか気になる。
トラックのウインドウがコーティングしてあるのはいかにも怪しい。
週末の車が殆どいない通りで車にはねられそうになるのはたまらない。
健康の為にやっている散歩で死ぬんじゃ笑い話にもならん。

 今日もなんとか生き延びたシニアである。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-08-07 11:59 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2011-08-08 01:03 x
オレゴンでは反対にこちらが横断歩道を渡り始めたころ
向こう側の車が信号に従い右折できるのに、わざわざ
こちらが横断し終わるまで待っていてくれることが多いです。
気を使ってこちらも足早になります。歩行者来るまで余裕が
あるので私なら右折してしまいます。カリフォルニアと違い
親切な人が多いという事でしょうか。
Commented by shinia62 at 2011-08-08 08:09
ま〜さん
時には危ない運転手もいるって事でしょうか。普通なら待ってくれますよね。こちらもそれを期待して横断歩道を渡るのだし。シニアには横断歩道がもっとも危険な場所です。


<< 職人時代 21       忙しい >>