2011年 08月 05日

水彩画教室あれこれ

c0053177_271253.jpg

 暫く教室を休んでいたYさんが出席。
生徒全員が揃うことはなかなかないが、
活気のある教室は保たれている。
今日の生徒数7人。

 生徒の一人Dさんが日本へ帰る事に成った。
日本でお百姓さんになるのだそうだ。
その送別会がクラスの後で催された。
彼女は今年になって教室へ来るようになった。
真面目で習い方の上手い生徒である。
その意味は技術は盗めの頼もしい精神を持っている。
習い事は良い先生より教えられるのではなく
その先生からいかに良いものを盗むか。
つまりそれが出来る生徒は、習うのが上手い生徒と言えよう。

 私が教える最後の日であるせいなのか
行きなり素晴らしい作品を描き私を驚かす。
彼女には日本でも水彩画を続けて欲しい。
将来どんな絵を描くようになるのか見せて欲しいものである。

 さて、教室が終わり私達は近くの中華料理店に移動した。
集まったのは私を入れて11人。
欠席生徒は二人。
一人は体調を崩して只今検査中。
そして唯一の男性生徒も欠席。
おかげさまで10人の美女に囲まれた私は幸せ者。
て言うか、冷や汗もの?
おっと、このブログ生徒達が読んでいるのだった。

 偶然だが、隣のテーブルにいた団体さんは
我々の逆で、女性一人に男性が10人のグループであった。
一緒になったら理想的な合コンになったろうに、残念。

 楽しい夕食会だった。
中華料理店に来ると何時も思うのだけれど
食事の量が半端じゃない。
従ってお持ち帰りとなる。
その栄誉を与るのは先生の立場を駆使した私であった。
ありがとう。これで餓死せず次のクラス迄生き延びれます。
なんてバカなことを書くから本気にされるのだ。

 食事の後レストランの前で記念写真を撮る。
好きだね、我々日本人は、記念写真が。
久し振りに日本人魂を感じた夕方であった。

 こうして時は容赦なく過ぎて行く。
(What does it mean?)


↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-08-05 02:08 | シニアの時間 | Comments(0)


<< 職人時代 20      映画の日 >>