ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 28日

日本語の勉強

c0053177_641488.jpg


 「水彩画は何処で勉強しましたか」と良く訊かれる。
そんなとき私はこう答えるのだ。
"I taught myself"
たいていのアメリカ人はちょっと驚いてそれから尊敬の眼差しになる。
たいした意味はないけれど少々自信が湧いてくる。

 それでは同じ会話が日本語になるとどうなるか。
「貴方は水彩画を何処で勉強しましたか」
「自己流です」
するとその日本人の目に哀れみが溢れる。
そして私は自信をなくす。

 冗談は置いといて、今朝の散歩中の事だった。
行きなり頭に浮かんだ英語のフレーズ、
Self taught (学校へ行かず自分で勉強するの意)
今日は日記にこの事を書こう。
とか思いながら歩いてた。
えっと、、、日本語ではなんて言うんだっけ。
自己流? 我流?
語彙の少ない私の頭に浮かぶのはこの二つ。
これだと少々投げやりな感じ。
もう少し重くてずずんと胸に来る日本語ないか。

 結局それ以上に思いつかなくて散歩は終わった。
家へ帰ると早速電子辞書でself taughtをチェック。
答えは「独学」
そうだよ、これこれ、こんな簡単な日本語が出てこなかった。

 次に日本人に
「水彩画は何処で勉強しましたか」
と訊かれたら、
自信を持って独学と答える。
するとその日本人はちょっと驚いてそれから尊敬の眼差しになる。
めでたしめでたし。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-06-28 09:09 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2011-06-28 10:55 x
私の場合小学校の高学年ですね。
それまでは絵はクレヨンでした。4年か5年の時
水彩絵の具を初めて使いました。(でも基本を教わったかどうか?)
絵の具の箱に透明水彩と書いてあって、色があるのに何故透明なんだ
と不思議でした。透明とは目に見えないことだと思ったので・・・。
でも透明と言いながら必ず白が含まれてましたね。

日本で水彩は誰に教わりましたかと聞かれて、
「ロスの斉藤おさむ画伯です。」と答えると
「はは~っ、恐れ入りました」と言って相手が恐れ入って
蜘蛛の子を散らすようにその場から消えていくという噂を・・・・・

立てようかと思っています。チャンチャン
Commented by shinia62 at 2011-06-28 12:02
ま〜さん
噂立てて。/私の場合も水彩はその頃かと思います。小学校の低学年はクレオン、ちょっと気取ってパステルも有ったような。


<< 時の経つのは早いよね      ハイキング 2 昨日の続き >>